いびき対策に効果のある「横寝枕」が今や大人気!おススメの横寝枕はこれだ


安眠のための横向き寝枕「スリープバンテージ」

横寝枕ってどんな効果があるの?

あなたは、どんな枕で寝ていますか。低反発枕ですか、そば殻枕、テンピュール素材の枕。色々なタイプの枕がありますが、その枕で良く眠れていますか。枕は、睡眠の質にとって重要な要素です。そして、どんな体勢で寝ていますか。仰向けですか、うつ伏せ、横向きですか。今回は、この横向き寝専用の枕の効果をお伝えしましょう。

横向きで寝るといびきをかかない

いびきをかく人は、仰向けに寝ていることが多いと言われています。仰向けに寝ていると、舌が喉の方に落ちてしまって気道を狭くしてしまいます。その結果、いびきをかいてしまいます。いびきは本人はあまり気づかないことも多いですが、周りの人に迷惑をかけています。

しかし、横向きに寝ることで舌が喉の方に落ちることがなく、いびきもかかなくなります。普段寝ている枕を使っていては、寝る寸前には横向きになっていても、枕の性質上、いつの間にか仰向けになってしまい、いびきをかくことになります。

それならば、強制的に寝る体勢を横向きになるようにする『横寝枕』を使って寝ることです。

横向きで寝ると起きた時に手がしびれる

時々、目が覚めた時に手がしびれていることがあります。これは、横向きになって寝た結果、腕や手を自分の体の下に敷いたまま寝てしまったからです。また、一方を下にして長時間寝てしまうと、その側に体が歪んでしまうこともあります。無意識のことなので、どうしようもないのですが、時々は、意識して体の向きを変えたいですね。

おススメの横寝枕ってどんなのがあるの?

いびきケア専用枕 天使の寝息

日本人の45%は横向き寝というデータが。横向き寝専用まくら

医療用抱き枕をベースに西川リビングが開発した抱き枕!天使の抱き心地「エンジェルサポート抱き枕」

関連記事

天使の寝息 いびきが気になる?睡眠時無呼吸症候群が疑われて不安?

天使の寝息   パパ、昨日の夜もいびきがすごく大きくて眠れなかったよ!隣で寝

記事を読む

枕で頭痛・肩こり・首こり解消119番

枕で頭痛・肩こり・首こり解消119番 スポンサーリンク 頭痛・肩こり・首こり

記事を読む

頭痛持ちの方は枕なしで寝ちゃダメ。自分に合った枕で健康的な睡眠習慣を

    50歳代後半の男性。枕をしないと眠れませんが、首の骨

記事を読む

枕をレンタルして、自分に合った枕をお試しで見つける方法

57歳男性。ぐっすり眠れる枕を探していたら、レンタルサービスがありました。 今使っている枕

記事を読む

肩こり・首こり対策枕【リラ!まくら】~睡眠中に筋肉リラックス~

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])

記事を読む

頭痛持ちや首こり、肩こりの人の枕探しは永遠のテーマ

30歳男性 会社員。自分に合った良い眠りをくれる枕を探して枕難民歴5年 枕はとりあえず

記事を読む

【肩こり解消】「めりーさんの高反発枕」をお探しのあなたにピッタリ!

肩こり解消できる枕 それは、めりーさんの高反発枕です。 枕を甘く見ていませんか

記事を読む

私が整形外科や整体師にアドバイスを頂きやっとよく眠れる枕に出会えたエピソード

34歳女性 会社員。ストレスがあると不眠症になるため眠れる枕を探しています 学校でいじめられた

記事を読む

枕選びは良い睡眠のため。自分に合った良い枕に巡り合ったことがない

40歳女性 会社員。枕難民歴も40年、自分に合った良い枕に巡り合ったことがない 枕難民

記事を読む

【頭痛の原因】枕の選び方が分かりません。素材のそばがらが原因?

50歳会社員の男性。長年使っているそばがら枕から加齢臭(?)がするので新しい枕を買おうと考え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭痛の原因はスマホにあり!それ「IT眼症」かも…?予防法と治療法について

頭痛の原因にスマホのし過ぎにあるということをご存知でしょうか? スマ

あなたの頭痛は何型ですか??緊張型・群発性・偏頭痛?

毎日のように頭が痛い(頭痛)で悩んでいる方にお話をします!

エナジードリンクの副作用で頭痛を起こす?その正体は?

エナジードリンク エナジードリンク「副作用」がハンパ無い

アディポネクチン サプリメントが長寿ホルモン成分サプリと「主治医が見つかる診療所」で紹介された理由

アディポネクチン 「主治医が見つかる診療所」の医

いびき防止枕 スージーAS快眠枕の効果と口コミ【30%off】キャンペーンの人気度

いびき防止枕 スージーAS快眠枕 【30%off】さらに【今すぐ

→もっと見る




  • スポンサーリンク


    PAGE TOP ↑