緊張型頭痛の「吐き気、治療、漢方、お薬、カフェイン、対策、期間、吐き気、バファリン」など【頭痛原因と一瞬で治す方法】


%e7%b7%8a%e5%bc%b5%e5%9e%8b%e9%a0%ad%e7%97%9b

緊張型頭痛とは、原因は

緊張型頭痛は、ヘルメットをかぶっているような痛みなどと表現されますが、頭の周りを締め付けられるような痛みが特徴です。また、肩こりや首こり、めまい、ふらつきなども一緒に起こることがあります。この痛みは毎日起こる場合と1週間も続く場合がありますが、片頭痛ほど日常生活に支障を来すことはありません。

緊張型頭痛は、肩や首、背中の筋肉が緊張することで起こります。筋肉が緊張すると血流が悪くなって老廃物が蓄積し、その老廃物が周囲の神経を刺激して締め付けられるような痛みが起こるのです。それなので、肩や首周辺の筋肉をいつもほぐすことによって緊張型頭痛の予防にもつながります。

そして一番大切なことは、ストレスを溜めないことです。ストレスを溜めると筋肉が緊張して頭痛を起こすことになりますので、日頃から軽い運動をしたり、パソコンなどで同じ姿勢のまま座っているのではなく、ストレッチ体操などを取り入れて、筋肉をほぐすようにしましょう。そうすることで、緊張型頭痛の予防にもなります。

緊張型頭痛の治し方

日常生活の中で、緊張型頭痛が起こった時の対処法の一つは、首や肩の筋肉を温めると言うことです。蒸しタオルを首に巻いたり、シャワーを浴びたり、私はホッカイロを肩の周りに貼ったりしたこともあります。とにかく、首や肩の筋肉のコリ、すなわち血行を良くすることで緊張型頭痛の症状は軽減していきます。

二つ目の方法は、首や肩の筋肉をほぐすことです。首を回したり、肩のストレッチをしたりして、筋肉をほぐすことで、緊張型頭痛の症状は軽減します。さらに、日頃からストレッチをしておくことで、頭痛が起こりにくなるという、予防効果にもつながりますので、是非やってみてください。

三つ目の方法は、ツボを指圧することです。頭痛に効くツボとして有名なのは以下の通りです。風池、百会、天柱、肩井、合谷、外関。それぞれを指などで指圧することで、緊張型頭痛の症状は軽減していきます。ツボについては、別の機会にお話ししますので、お楽しみに。

日常生活の中で、緊張型頭痛の原因となる肩や首周辺の筋肉をほぐすことを心がけましょう。それには、ストレッチが有効ですし、同じ姿勢をとり続けないこと、を治すには、お薬を飲むことも必要ですが、日常生活でできる「頭痛体操」をご紹介します。肩や首周辺の筋肉をほぐす1日2分でできる体操です。

緊張型頭痛に効果のある漢方薬

%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%96%ac

緊張型頭痛に効果のある漢方薬として有名なのは、葛根湯と五苓散です。葛根湯(かっこんとう)は、風邪のひき始めに飲む漢方薬で、体を温めて汗をかかせる効果があります。この体を温めるという効果を利用して、首や肩の筋肉のはりやコリをほぐすことで頭痛を軽減するということです。

また、五苓散(ごれいさん)に含まれる成分には、発汗作用、解熱鎮痛、血流改善作用があります。葛根湯と同じように発汗作用を利用したり、血流改善作用によって、体内の血流をよくすることで緊張型頭痛を軽減するということです。この五苓散は、様々なタイプの頭痛に効果がある漢方薬です。

その他、芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)、釣藤散(チョウトウサン)、加味逍遙散(カミショウヨウサン)、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)なども、肩こりからくる頭痛に効果のある漢方薬です。

お薬110番(ハイパー薬辞典)

緊張型頭痛の治療薬

緊張型頭痛の痛みを抑えるお薬は、解熱鎮痛消炎作用のある鎮痛剤を用います。アセトアミノフェン、アスピリン、メフェナム酸、ナプロキセン、イブプロフェンなどが急性期に用いられます。これらは、成分により胃腸が痛くなったり、眠気などの副作用もありますので、使用時は薬剤師さんに相談して自分に合う鎮痛剤を飲みましょう。

この鎮痛剤と併用して使用されるお薬に、筋弛緩薬があります。テルネリン、ミオナールなどが処方されます。この筋弛緩薬は、血流が悪くなった肩や首周りの筋肉のコリ和らげてくれます。これらも副作用として、胃腸障害、眠気などがありますので、薬剤師さんと相談してください。

もう一つ、鎮痛剤と併用されるお薬に、抗うつ薬があります。トリプタノール、ルジオミール、テトラミド、テプロメールなどで、口腔内乾燥や眠気の副作用があります。また、抗不安薬として、ソラナックス、デパスなども併用して処方されることがあります。こちらも眠気などの副作用があります。お薬は自分の体に合ったものを服用することで効果が現れます。

お薬110番(ハイパー薬辞典)

市販の頭痛薬は、緊張型頭痛のお薬

町の薬局やドラッグストアで買うことができる頭痛薬は、すべて緊張型頭痛のお薬です。緊張型頭痛の場合、痛みを生じている部位の痛みを和らげて上げれば、症状は軽減します。例えば、首が痛いという場合には、首をストレッチしたり温めてあげて筋肉の血流を良くしてあげれば、痛み=頭痛は治っていきます。

そもそも緊張型頭痛は、体のストレスが原因で起こります。同じ姿勢をずっと続けていたり、変な体勢で仕事をしたりしていることで、体が曲がっていることで筋肉に悪影響を与えているのです。この悪影響を起こさないようにストレッチをしたりして、日々の生活姿勢を改善することでも緊張型頭痛の予防にもつながります。

従って、正しい対処方法を知っていれば緊張型頭痛にならないことも可能なのです。頭が痛くなったとしても、すぐに薬を飲むのではなく、体のストレッチそしたり、気分転換することだけでも症状を和らげることができることを知ってください。日々の生活の中でできることをやってみましょう。

緊張型頭痛を改善する方法

緊張型頭痛は、そもそもお薬が効かないという人もいます。それではどんなことをすれば、緊張型頭痛を改善することができるのでしょうか。以下に、緊張型頭痛を改善する方法をご紹介します。

マッサージやストレッチ

ウォーキング、体操などの軽い運動

猫背の姿勢補正

ショルダーバッグのかけ方の変更

枕の高さや種類の変更

歯のかみ合わせの調整

緊張型頭痛に効く食べ物

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e7%89%a9

緊張型頭痛は、血流が悪くなることで起こるので、血流を良くする食べ物を食することでよくなります。血流を良くする食べ物は、とにかく暖かい食べ物や飲み物です。ただし、お酒は禁物です。また、ショウガには体を温める効果があります。さらには、カボチャや小松菜、玉ねぎなども良いです。

緊張型頭痛は、筋肉疲労も原因の一つになりますので、ビタミンB1を含む食べ物を食して疲労回復をしましょう。豚肉はウナギ、レバーなどにビタミンB1が多く含まれています。そのビタミンB1が効果的に働くためにも、柑橘類などをデザートとして食べるとより効果的です。

さらに、たんぱく質を多く含む食べ物、魚や肉類、大豆、乳製品などにを食しましょう。そして、ネギやニンニクなどを料理に含めることで代謝をアップして体を温めることをしましょう。体を温めることで血流が良くなります。

まとめ

緊張型頭痛は、片頭痛をは違って原因が分かっている頭痛なので対処法を知ることで、頭痛の症状を和らげたり、頭痛が起こらないような予防策もとることができます。そして、市販されているお薬は、すべてが緊張型頭痛のためのお薬で、痛みを抑えるという対処療法でしかありません。

日頃の運動やストレッチ、姿勢などを注意することでも緊張型頭痛を起こらなくすることもできるかもしれません。ご自分の合った緊張型頭痛の対処法を手に入れれば、あの痛みに悩まされる日々から解放されることでしょう。

カテゴリー: 頭痛 パーマリンク

1 Response to 緊張型頭痛の「吐き気、治療、漢方、お薬、カフェイン、対策、期間、吐き気、バファリン」など【頭痛原因と一瞬で治す方法】

  1. ピンバック: 【頭痛原因と一瞬で治す方法】あなたの頭痛はどのタイプ?YES or NO チェック | 枕で頭痛・肩こり・首こり・睡眠時無呼吸症候群解消119番

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です