【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】精神状況が睡眠に悪影響。私の睡眠タイプは良い悪い混合タイプ


スポンサーリンク

%e6%82%aa%e5%a4%a22

36歳女性 会社員。精神状況が睡眠にもろに反映してきましたが努力で改善

精神的なストレスや不安で、一気に不眠になって悪夢を見ます

私の睡眠の質は、良い眠りにつける時と悪い時の差が激しいのです。良い時は、睡眠を8時間とっていても体で感じる睡眠の感覚は1時間程度のことが多いです。睡眠時間を実際よりも短く感じることは、不眠とは対極にあるので、こういう睡眠は質の良いものだと考えています。逆に、悪い睡眠の時は、不眠になり悪夢を見たりします。

精神的に安定している時は、夢を見た自覚すらありません。実際には、質の良い睡眠の時期でも夢を見ているでしょうが、目が覚めると夢を見た自覚が一切ありません。スッキリとした目覚めで、パっと起き上がることもできます。睡眠の質をキープするために、昼寝を短時間に抑える、あとは昼間はなるべく活動的にしています。

ストレスを感じている時に、私は頻繁に睡眠の質が悪くなってしまいます。私は年齢にそぐわず感情コントロールが不得手な性格なので、怒りを感じると悶々として眠ることができません。何かの失敗をしても、延々と気に病んで眠ることができずにいます。精神的に負担に感じる出来事を控えていても、一気に簡単に不眠になってしまいます。

悩まされ続けて不眠が続くと、実際にはいないものが部屋にいる悪夢を見ます

感情に振り回されて眠ることができないと、何よりも自分が翌日に辛い思いをするので、なるべく色々ことを複雑に考えないように努力しています。眠る時は何も考えない、なるようにしかならないという精神を保つという努力をしています。悩んで眠れずに翌日疲労困憊で生産性が落ちたり、何かのミスをしたりするよりもずっと良いからです。

努力を重ねても、眠ることができない時期と良質の睡眠をキープできている期間の起伏が激しい私ですが、さすがに驚いた寝相体験は、頭の位置が上下逆転していたことです。枕に足があって、普段は足がある場所に頭がある状態で目覚めた時は、普段からいかに余計なことを複雑に変に考えているのかを改めて認識させられた経験です。

物事を変な方向にごちゃごちゃと複雑に考えて不眠傾向に陥ることがある私でも、考えても翌日辛い思いをするのは自分ということを痛いほど経験してきているせいか、近年は、不眠の日は減ってきています。ただし、睡眠の質が好転してきてはいるものの、深夜時々目が覚めることがあります。夜中に、トイレでもないのに目が開いたり朝の普通の目覚めで幻覚を見たりするようになりました。

目が覚めると大きなオレンジ色の蜘蛛が天井にいたり、蛆虫の大群が寝室にあるタンスの表面に湧いているように見えたりすることがあります。2年前からこんなことがごく僅かですが出るようになりました。最近では、私の就寝スペースの上にはキャットウォークも棚も何もないのに、飼い猫が天井に居て私を見ている幻覚を見てしまいました。

ストレスがあると、深層心理が無意識で見せている夢に悩まされる日々

服用している薬もないし、変なこともしていないのに、目覚めに幻覚を見るので調べてみると、はっきりとした原因はやっぱり病院でないと判明しないので、最近は幻覚のことは考えないようにしています。幻覚を見る時の体調や精神状況には私の場合には共通点があって、長時間労働でイライラしている、ストレスが相当ある時です。

夢も、現実の人間関係の続きのようなものを見ることもあります。数年前に別れた人が夢に出てきて、私に言いたいことを言ってきます。怖い夢のケースでは、近年亡くなった身内の夢です。メッセージ性の強い夢で、まるで今も生きていて、全てをその場で見て一緒に過ごしているかのようなことを言うので、怖かったです。深層心理が無意識で見せているのだとしても、それだけでは片付けられないものでした。

睡眠は、寝るという意味と、魂の旅のような側面もあるのかもしれないと最近思うようになりました。そう考えていた方が、眠ることも楽しくなるし、まさに夢のある話ですよね。睡眠は、スピリチュアル要素もあると思っていた方が、不眠ストレスからも解消されるだろうし、眠ることも楽しめるようになるからです。夢は何かの警告もしているという側面もあるので、快眠できるように日中には精力的に動くようにしています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です