【頭痛原因と一瞬で治す方法】二日酔いの頭痛症状を早く改善する方法は? 吐き気、二日酔いに効く


スポンサーリンク

0-71
私はお酒が飲めませんので、二日酔いの経験がありません。友人などは二日酔いで吐き気や頭痛で仕事に来ているのを時々見かけますが、社会人としては、失格ですね。そんなことで、なぜ二日酔いが起こるのか、とても辛い二日酔いの頭痛、吐き気症状を早く改善する方法をお伝えしていきましょう。

二日酔いは何故起こるのか?

二日酔いは、アルコールが体内から抜けていくときに起こる離脱症状のことです。この離脱症状の原因として、まず脱水症状があげられます。アルコールを飲むとトイレが近くなりますよね。そうです。アルコールを飲むと尿の排出量が多くなって、体内の水分が減少して脱水症状になるのです。

スポンサーリンク

次に、アルコールを飲むことによって、体内の炎症箇所がさらに悪化して、二日酔いの症状を誘発してしまいます。そして、胃腸症状があり、アルコールを飲むと胃の粘膜が刺激され胃液が多く出されます。この胃酸過多によっても二日酔いになってしまいます。いずれにせよ、離脱症状が複雑に絡み合った出てくる症状が、二日酔いということです。

二日酔いを予防する飲み物は?

1 スポーツドリンク

スポーツドリンクには、通常の水に比べてミネラルや糖分が多く含まれていて、これらはアルコールを分解するのに必要なものなので、アルコールを飲む前にスポーツドリンクを飲んでおくと、アルコールの分解を助けてくれます。

2 トマトジュース

アルコールとトマトジュースを一緒に飲むと、アルコールを飲んだあとの血中のアルコール濃度が30%減少したという報告があります。また、身体からアルコールが抜けるスピードも、約50分ほど早まると言われています。

3 コーヒー

コーヒーには、ご存知通りカフェインが多く含まれています。このカフェインは血管を収縮させる作用があり、二日酔いによって拡張した血管を収縮させる作用があり、血管が拡張することでの頭痛の症状を軽減してくれます。

4 空腹を避ける

アルコールを飲む前に胃の中が空っぽだと、アルコールの刺激が胃に悪影響を与えてしまいますので、飲む前には、軽い食べ物でも良いので胃の中に入れておきましょう。特に、たんぱく質や乳製品を飲んでおきましょう。

二日酔いの頭痛症状を改善する方法は?

1 頭痛薬

何と言っても二日酔いの頭痛を改善するのは、頭痛薬が一番の近道です。薬局でも購入できる代表的な市販の頭痛薬は、バファリンプラスS 、ロキソニンS、イブクイック頭痛薬、ナロンエースです。それぞれ自分の体や症状に合ったお薬を見つけて、あるいや薬局の薬剤師さんに相談して準備しておきましょう。

2 コーヒー

二日酔いによる頭痛は、血管が拡張することで起こります。血管が拡張することで周辺が刺激されるからです。ならば、血管を収縮させる効果のあるコーヒーを飲んで、頭痛の症状を軽減しましょう。

3 しじみ汁

しじみには、肝臓の働きを助ける効果があります。そのしじみを使ってお味噌汁を作れば、お味噌に含まれる成分で肝臓にアルコールが端るのを防いでくれますし、しじみ汁ですから、水分も補給されます。さらに、しじみには肝臓の働きを助けてくれるタウリンが多く含まれていますので、しじみ汁は願ってもない飲み物でしょう。

まとめ

二日酔いになる原因は「深酒」です。二日酔いの朝には、水分補給のためにスポーツドリンクを飲む、コーヒーを飲む、しじみ汁を飲む。このことが二日酔いの朝の辛い症状を改善してくれます。その深酒が原因で頭痛や吐き気を起こしていてはいけません。二日酔いは、本来自分が持っている代謝能力の範囲を超えてアルコールを摂取してしまったために起こりますので、深酒は禁物です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です