【枕が合わないおススメの向きと高さ】腰痛・首こりの原因は枕だけじゃなかった。ベッドで寝たら改善した


スポンサーリンク

508086

30歳女性 歯科衛生士。職業柄、腰痛・首こりが年々ひどくなり悪い睡眠になっています。

目が覚めて腰痛や首こりがひどく、眠れなくて起きてしまう

私は30歳、歯科衛生士を10年しています。職業柄姿勢も悪く、細かい仕事なので腰や首のコリや痛みが年々ひどくなっているように思います。夜の睡眠でしっかり疲れが取れてスッキリと目覚めるというのが理想的ですが、起きた時も腰や首が痛くこれ以上寝ると疲れるのでもう起きようということが何度もありました。

スポンサーリンク

寝る時も首、肩の重だるい感じがしてどの態勢をとってもしっくりこなくて枕をのけてみたり高くしてみたりしますがなかなか寝れない日もありました。私は小さい頃、布団に枕なしで寝ていたせいか今でも枕は低い方が好んで使います。以前は低反発枕を使っていて使い初めは良かったのですが、使っていくうちにだんだん頭が沈む感じがして寝心地が悪くよけいに肩がこるようになってきました。

実演販売で買ったヒノキ枕が低反発枕に比べて硬さもあって少しは眠れたが・・・

枕を外してなることも多くオーダーメイドで作る枕を買おうか迷っていたくらいです。そんな頃、百貨店でたまたまヒノキ枕を実演販売しているところに遭遇しました。小さい四角のヒノキの枕なので形も変えやすく頭にしっかりフィットして硬さもある、ヒノキなのでひんやり冷めたく心地いい、とてもいい枕と言う売り文句をとても魅力的に感じ即決で買いました。

使ってみると低反発枕よりは使い心地がよく、硬さもあり頭が沈む感じもしません。買って良かったと思いました。寝つきが悪い時は高さを少し高くしてみたり、低くしてとその日の調子で少し調整もでき良かったのですが、首のコリや朝目覚めの時に感じる身体の痛み、疲れは改善しませんでした。スッキリした目覚め、睡眠で疲れがとれるなんてこの仕事をしている限り無理なんだろうと諦めていました。

布団からベッドに変えたら、腰痛も首こりもなくなり良く眠れるようになった

それまではずっと布団に寝ていましたが引っ越しをきっかけにベッドを買うことにしました。布団は結構いいものを選んでくれていたので、ベッドは布団より柔らかくさらに身体があちこち痛くなるんじゃないかと心配でした。ベッド寝始めて数日後、内臓が痛いのか?というくらい背中が痛くなり動けない程の痛みに襲われました。

ただその時はベッドに変えたからと思わなかったのですが今考えると身体の変化だったのかもしれません。数日で痛みは治り気がつくと疲れて起きるといったことがなくなり以前より睡眠時間が長くとれるようになりました。枕も柔らかいクッションのようなものになりましたが以前に比べると寝ている時に感じた首や腰の痛みも感じません。以前の身体の痛みは枕だけでなく布団にも原因があったのだと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です