【睡眠負債解消方法】寝不足が溜まりに溜まって「睡眠負債」になる状態!


スポンサーリンク

寝不足が溜まりに溜まって「睡眠負債」になる状態

下記のチェック項目で「睡眠負債」のチェックができるそうだ。

寝つき
夜間、睡眠途中に目が覚めることは?
希望する起床時刻より早く目覚め、それ以上眠れないことは?
総睡眠時間は?
全体的な睡眠の質は?
日中の気分は?
日中の活動(身体的および精神的)については?
日中の眠気は?

参考:NHKスペシャル「睡眠負債」が危ない

睡眠負債とは?

あなたに必要な睡眠時間(例:8時間)に対して、不足(例:7時間)していると
睡眠不足(例:1時間/1日)が日を重ねるごとに溜まっていき、
その睡眠不足分は、マイナスとして睡眠負債になるという提唱である。

睡眠負債が増えていくことで、日々の生活の質が下がっていき、
最悪の場合、命に関わる病気のリスクを高めるということ。

睡眠負債を返済していくには?

溜まりに溜まった睡眠負債は、健康を害して生活の質を低下させてしまうので、
その睡眠負債を返済していくことが健康に良いことだ。

それでは、どのようにして睡眠負債を返していったら良いのでしょうか。
答えは簡単です。
よく寝ることです。

いつもより長く寝る時間を作ることが出来れば、睡眠時間がプラスとなり、
今までマイナスだった睡眠負債の返済に充てることが出来ます。
この方法が、唯一睡眠負債を返済する方法になります。

そのためにも良質の睡眠を得るためにも、枕を検討しましょう。

自分に合った枕で睡眠負債を返済

普段の生活で睡眠時間を1時間増やすということが、サラリーマンなんかだと
とても難しいことだと思います。
朝早く起きて、会社に行き、会社からは遅く帰ってきて・・・。
睡眠時間をしっかりと取ることは難しいですね。

それでは、今お使いの枕を変えてみるのも一つです。
寝入り時間の短縮で、総睡眠時間を増やすのです。
枕が合っていないと、寝入りも時間がかかりますし、
寝起きも早くに目を覚ましてしまうことが多々あります。

そこで、あなたに合った枕を作って、睡眠の質をよくして、
睡眠時間を貯蓄しましょう。

昼寝をして睡眠時間を溜める

基本的には、睡眠負債は寝るということをしなければ返済できません。
それならば、時間が許す限りで昼寝を取り入れることで
睡眠時間の貯蓄をして、睡眠負債の返済に充てましょう。

終わりに

睡眠負債という言葉を初めて知り、今回調べるきっかけとなりましたが、睡眠負債は睡眠でしか返済できないことを知りました。睡眠時間を増やすためには、枕を変えたり、昼寝をしたり、様々な工夫が必要になります。
そして、調査結果では、命に関わる病気のリスクも上がるということでしたので、できるだけ昼寝をしたりして、睡眠時間を意図して増やしていかなければなりませんね。

健康な生活と正しい睡眠で、睡眠不足を解消して、睡眠負債を全額返済しましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です