【枕が合わないおススメの向きと高さ】頭痛の原因は首こり?肩こり?睡眠が大事!


スポンサーリンク

頭痛の原因には、本体的に脳の機能障害があったりすると、頭がいつも重たかったり、痛かったりするものです。そこで、頭痛を引き起こす様々な原因について調べてみました。

首こりからくる頭痛

首こりはどのようにして起こるのでしょうか?最近では「スマホネック」とも言われるようになりましたが、首をいつも下向きにして、スマホを見ている時間が長いと、首こりを起こしてしまします。

その首こりが原因で、首周辺の血行が悪くなり、頭痛を併発することがあります。この首こりを起こさないようにするには、時々(1時間に1回)は、スマホを見るのを止めて、上を向いて、空を見あがるようにしてみてください。

首こりが解消すれば、頭痛も起こりにくくなります。スマホをいじっていても首こりや頭痛などを引き起こさないという人もおられるとは思いますが、1時間に1回位は空を見上げるようにしましょう。

肩こりからくる頭痛

肩こりはどのようにして起こるのでしょうか?肩こりは首こりと同じような原因があり、同じ姿勢を長時間続けていると肩こりを起こしてしまします。

例えば、事務作業でパソコン操作を1日中やっていたり、運転なども同様に長い時間続けていると肩こりを起こしてしまいます。これも首こりと同じように肩周辺の血流が悪くなり、筋肉が緊張状態になり肩こりが起こってしまいます。

その肩こりを放置していると、頭痛を引き起こすことが多くあり、筋緊張型頭痛では、この肩こりが主な原因になっています。実は、私がそのような状態で、パソコン作業を1日中やっているので、肩こりを起こして、その後、頭の痛みを感じるようになってしまいます。

睡眠からくる頭痛

睡眠からくる頭痛では、熟睡できていないことが原因のこともありますが、寝る姿勢によって首こりや肩こりを起こして、朝起きたら頭痛があるというようなことです。

枕の高さが高かったり、素材が柔らかすぎて頭が沈んでしまったまま睡眠していたりすると、首こりや肩こりを起こしてしまうのです。それを改善するためには、あなたに合った枕で睡眠することです。

自分に合った枕で睡眠するためには、枕専門店に行って寝姿を測定して身体にピッタリの枕を作ってくれるのです。ちょっとお高いですが、首こりや肩こりからくる頭痛を改善するためにも、あなたに合った枕を選びましょう。

まとめ

結論から言うと、自分に合った枕を作ってもらうと良いのです。

睡眠の専門家も絶賛!【スリーパードクターズピロー】

スポンサーリンク
Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です