あなたの頭痛は何型ですか??緊張型・群発性・偏頭痛?


スポンサーリンク

毎日のように頭が痛い(頭痛)で悩んでいる方にお話をします!

世の中でよく耳にする頭痛には、たくさんの種類がありますが、

代表的な3つの頭痛の型があります。

1.緊張型頭痛

緊張型頭痛は、多くの場合頭の後ろや横(側面)が痛くなります。 原因は、首や肩周りの筋肉が緊張して起こります。
また、ストレスによっても発症することがあります。
筋肉が緊張することで血管が狭くなり、
脳に栄養が行きにくくなり、頭痛を引き起こすのです。
 

スポンサーリンク

2.群発性頭痛

群発性頭痛は、鎮痛剤が利かないことが多くあります。
1日に何回も痛みを感じ、時には目が充血することもあります。
年齢的には、20~40代に好発します。
原因の多くは、過剰なアルコール摂取により血管が広がることで
炎症を起こして頭痛を発症します。
 

3.偏頭痛

偏頭痛は、血管性頭痛ともいわれます。
緊張した血管が一気に緩むことで発症します。
また、天気などにも左右されます。
雨が降りそうになった時に頭痛が起こることもあります。
症状としては、片側に痛みがあるのが特徴です。
前兆として多く見られるのが視覚障害です。

おわりに

あなたの頭痛は何型ですか??という話をしました。
それぞれに症状も違い、対処方法にも違いがあります。
頭痛の型を知ることで、それに合った対処が必要です。

私は、3番目の偏頭痛の症状と緊張型頭痛が合併しています。
それなので、どちらの対処方法を使えばよいのか迷っています。

目の前に光が現れて・・・偏頭痛の前兆
首や肩の筋肉の緊張・・・緊張型頭痛の症状

悩んでいますが、何とかその日の生活が送ることができるので
鎮痛剤で済ませています。

本当ならしっかりと脳外科に行ってMRI検査をした方が良いのでしょう。
しかし、時間がないことを理由に行けていません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です