偏頭痛か片頭痛どっち?偏頭痛に10年間耐えた27歳の自分にご褒美!


スポンサーリンク

Print

27歳の専業主婦です。私の頭痛歴は17歳頃からですが、生理の時がとても辛いです。

病院に受診した時の頭痛の検査内容は、問診から心理テストまで

私は17歳の頃から頭痛で辛い思いをしています。ある時、頭痛の原因を調べに病院へ行きましたが、まずは先生の問診から始まり、受診した時には肩こりが強いと先生に話すと、肩や首の周辺を触診しました。その時は、特にMRIなどの画像検査はしていません。

問診の時に肩こりがあったため、先生は筋緊張頭痛ではないか、と首周辺のレントゲンを撮って検査しました。次に、先生がおっしゃるには頭痛の原因の一つに、心理的要因があるかもしれないとも考えられたので、心理テストも受けました。

検査の結果、先生の判断では、はっきりとした病名は分からず、主に肩こりからくる偏頭痛だろうと言われました。その日は特別肩がこっていたのでそのような診断になってしまったのでは、と思っています。

私が頭痛が起こるきっかけは、生理中とストレスが本当の理由かも

私の場合、頭痛が起こるきっかけは、生理中、特に生理1~2日目の出血量が多い日に起こります。他にも、その日のうちに済ませなければいけない用事がたくさんあったり、そのために外を長時間歩くなど移動距離が多かったり、気持ちに余裕がないなど心理的なストレスを感じる日、そして、たくさんの人がいる場所に長時間いた日。あまり親しくない人と長時間話した日などは、頭が痛くなります。

頭痛が起こった時、基本的に痛み止めを飲みます。生理中に頭痛が始まったらすぐに痛み止め薬を飲みます。胃に負担がかかるのであまり薬は飲みたくありませんが、ストレスや疲れなどが原因ではないので痛み止めに頼ります。

生理中以外に長距離移動をした日や、人混みの中に長時間いた日、慣れない人と長時間話した日などは、家に帰ると頭が痛くなると同時に熱がでてくるので、アイスノンを頭に敷いて横になります。基本的に頭痛が起こった時は、眠れる時はできるだけ眠るようにしています。薬を飲むと、すぐに痛みがなくなると思い心はだいぶ楽になります。

頭痛に耐えた自分にご褒美をあげたい気持ち分かりますか?

一旦頭痛が起こると耐えられないくらいの痛さに見舞われます。痛み止めを飲んでゆっくりとすれば痛みも治まるのですが、それまではひたすら耐えることになるのでその間はとても辛いです。人と会ったりすることのストレスの時は、発熱していることが多いので、アイスノンを頭に敷いて寝転んでいます。

発熱と頭痛の度合いでどれだけ自分が疲れたのか、何がしんどかったのかを考える基準にしており、その理由が分かると気持ちが楽になることがあります。精神的な頭痛なんでしょうか。でも一度頭痛が起こるとその間動けないので、家事ができなくなることに対しての後ろめたさを感じる時が多々あります。

頭痛が治った時は、すっきりとした気持ちになります。その時は、頭が痛くて後回しにしていたことを、とにかく早めに終わらせる。頭痛の時に家族などに八つ当たりしてしまうこともあるので、そのことに対して申し訳なく思い、謝りに行ったりします。あとは、頭痛がひどかった時は、頭痛に耐えた分自分にご褒美をあげたい気持ちになることもあります。甘いものを買って食べたり、自分がやりたいことをする時間を設けるなど、自分が楽しい気持ちになる時間を作ったりします。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です