『抹茶スイーツお試しセット』マツコの知らない世界でマツコも驚きの本格抹茶スイーツ


茶房の抹茶パフェがアイスバーになりました!
宇治抹茶の魅力と相性の良い素材をふんだんに盛り込んだ、各種の宇治抹茶パフェ。
1種類ずつ楽しんでいただける5本入です。

◇まっちゃ(抹茶パフェ)
◆いちご(いちご抹茶パフェ)
◇さくら(さくらパフェ)
◆とろぴかる(夏の抹茶パフェ)
◇もんぶらん(抹茶モンブランパフェ)

マツコの知らない世界 【本格抹茶スイーツの世界】

株式会社伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)

株式会社伊藤久右衛門

本社所在地:〒611-0013 京都府宇治市莵道荒槙19-3
設立:1952年
業種:食料品
事業内容:宇治茶、抹茶スイーツなど食品の卸・小売
代表者:代表取締役 北村公司
資本金:900万円
従業員数:約100名

社名の由来

1952年、会社設立にあたって代々受け継いだ伊藤常右衛門の名を拝し、五代目伊藤久三自身の名にある「久」の一文字をとって、社名を「株式会社伊藤久右衛門本店」とした。

宇治茶のほか、抹茶を使ったスイーツ・茶そばなどの食品類を販売。
また「夜半のみどり」シリーズとして、宇治の煎茶や抹茶などを使って製造した酒類も取り扱っている。
2014年には「宇治抹茶カレー」をリリースし話題となった。

沿革

江戸後期・天保3年、初代伊藤常右衛門(いとうつねえもん)・瀧蔵が田原村名村(現・宇治田原町 南)にて茶業に携わったのがはじまり。

その後二代目伊藤常右衛門・久三郎、三代目伊藤常右衛門・由松、四代目伊藤多吉へと引き継いだ。1952年、五代目伊藤久三の代で宇治田原から宇治の地へと移り、宇治蓮華(現平等院表参道)に宇治茶販売の店舗を構えた。[3]

1832年(天保3年) 創業
1952年(昭和27年) 会社設立、平等院表参道に宇治茶販売店舗オープン
1996年(平成8年) 本社を宇治市莵道荒槙の旧京阪宇治バス宇治営業所(現フレンドマート宇治莵道店)真向かいへと移転。現在の本店店舗をオープンし、茶房を併設。
2000年(平成12年) インターネット事業を開始
2005年(平成17年) 楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーを受賞
2013年(平成25年) 京都駅前に京都駅前店をオープン
2016年(平成28年) 台湾に国外1号店、台北中山店をオープン
2017年(平成29年) JR宇治駅前にJR宇治駅前店をオープン
2019年(令和元年) 京都四条通りに祇園四条店をオープン

公式サイトはこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓