男の子、女の子、どっちが欲しい?男女産み分けの賛否両論とは?


男女産み分けには賛否両論があり、自然に任せて生まれてきた子供に感謝して育て上げるという事が一番良いことなのだろう。一人目、二人目と例えば男の子が続いたらやはり「女の子」が欲しくなるというのは親心というか人間として生まれたからには、エゴが生じてしますのは必然の事のように思います。

男女産み分けの「否」の意見

ご意見伺いサイトで男女産み分けに反対の方のご意見が載っていたのでご紹介します。

回答者: yuuun4200 回答日時:2011/02/06 13:24

産み分けとは、男女欲しい方を産むということですよね。
命を絶つというのは、欲しい方でなかったらおろすという意味でしょうか?そこまでする人もいるんでしょうか?
私は女4人のママです。神様が男の子育てるのに向いてないと思って、こうなったんだと勝手に考えています。子供は男女どちらでもかわいいし、育て方で人格は形成されます。男女いなければいけないんだから、産み分けを望むのは親のエゴだと思います。

回答者: 919rima 回答日時:2011/02/07 16:53

これから宿るであろう命を、男の子(女の子)なら『いらない』という感覚があるんじゃないかと思ってしまいますよね。
それが、どんな家庭の理由だとしても、跡継ぎに欲しいから『男の子を』、可愛いだろうから『女の子を』っていうのは、やっぱりただの親の勝手だと思います。
天皇陛下のお子様だって、お世継ぎが必要なのは当然なのに、産み分けをしないのはそれがやっぱり自然な事であるからだと思います。
それに、そんな事ばかり皆がしてたら、男女の比率もすんごい偏りそうだし、お金と時間を使ってまで性別を決めたとして、あれも100%じゃないんですから、結局望まない性別の子が産まれたなら、一体夫婦とその子供はどう思うのだろうと思うと…ちょっとゾッとしますよね。
やっぱり『男の子かなぁ、女の子かなぁ』と夫婦で夢を膨らませるのも一つの子育ての醍醐味だと思いますし、『早く性別知りたいねぇ』と楽しみにする事も夫婦だからできる幸せの時だと思います。
私は産み分けも、排卵日を狙って…なども一切しませんでした。それが自然であり『命を授かる奇跡』を実感したかったからです。

回答者: fuurinnmama 回答日時:2011/02/06 13:49

遺伝子の異常による病気で性別判断がいる以外は、私は産み分けには反対します。
中には、男の子しか遺伝しない病気なども有りますので、そう言ったご両親でない限り、性別を勝手に差別して産み分けるのは、どうかなと思っています…
姉妹も障害者でしたので、この問題は重要に感じています。
個人的に出来る範囲での産み分けはいいと思いますが、因みに、私は勝手に産み分けたつもりで失敗をしています。(笑)

そこで、ネットで話題になっている「日本で唯一精子検査のみの高精度男女産み分け法」をご紹介します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

マイクロソートでは、93%と着床前診断に次ぐ高い確率となっております。

男女産み分けのための手法と比較

精子には、男の子となるY染色体をもつ精子と女の子となるX染色体をもつ精子が存在しています。 卵子はX染色体のみのため、男女を決定する要因は精子側に存在していることになります。
男女産み分けの方法については、この精子の段階でX精子(女の子)かY精子(男の子)を選別する方法や、精子と卵子が結び付き受精卵となった後にその受精卵が男女どちらかを確認する方法などがあります。

もう少し分かりやすく説明すると、お父さんは「X」と「Y」の性染色体をもっているのですが、お母さんは「X」と「X]と同じ性染色体しか持っていません。そんなこんなで、お父さんとお母さんの性染色体の組み合わせによって赤ちゃんの性別が決まります。

「X」+「X」=女の子、「X」と「Y」=男の子という風になるという事です。

男女産み分けの確立が93%の「マイクロソート」

【女の子が欲しい?MicroSort(マイクロソート)】

【男の子が欲しい?MicroSort(マイクロソート)】

【93%の確率で男女産みMicroSort(マイクロソート)】

終わりに

男女産み分けについて調べてきましたが、昔から言われている「女の子が欲しい」時は、排卵日の2日前にお父さんと仲良しになれば、確率論的には男の子が生まれるよりかは上がるようですが、助産師さんが最後に行っていたのは「おまじない」位に思ってください、だった。

男女の産み分けには色々な方法があるが、お金がかかるようで、完全に男女産み分けができる「人工授精」だと数百万円の費用が掛かるようです。安価なのはゼリーを食べるという方法もあるようです。

男女産み分けについて感じたことですが、親としては男女どちらでもよいと思うのが当然のように感じていましたが、女の子が欲しいと切実に悩んでいる方が大勢いることも知ることができました。