メニュー

良い睡眠とは?【枕が合わないおススメの向きと高さ】良い睡眠を得るためには、枕選びが究極の分かれ道

2016年9月25日 -
良い睡眠とは?【枕が合わないおススメの向きと高さ】良い睡眠を得るためには、枕選びが究極の分かれ道

枕 熟睡

20歳代後半 女性。ワゴンセールで買った安い枕のせいで体が歪んでいた

枕は頭全体さえ置ければそれでいい、それは間違いだった

今は「じぶんまくら」という枕専門の枕店で自分に合った枕を使用しているので、安眠の妨げになる様な事はないのですが、今から数年前までは、「枕なんて、頭全体さえ置ければそれでいい」なんて安易な考えしか持ち合わせていなかったので、そこまで枕が大事だと思っていませんでした。

大型デパートの大安売りワゴンセールに置かれていた、固くて高い枕を購入してそれで毎夜毎夜眠っていました。勿論その枕のせいで、自分の安眠を確保出来ていないと露ほども知らなかった自分は、自分の寝相の悪さや、お腹を出して寝ているせいで快適な眠りを取れていないんだろうな…としか考えていませんでした。

しかし、日に日に疲労は蓄積されていき、仕舞には首全体に鉛が乗っかり両肩には、誰かが覆いかぶさっている様な何とも辛い状況に陥ってしまいました。そこで「これ以上はもう限界だ」と匙を投げた私は、ネットなどで調べてみたら、名古屋に評判のよい整体院の先生がいることを知りました。さっそくそちらへ行くことにしました。

枕選びとは関係ない評判の整体師に体が曲がっていると指摘された

名古屋で評判の整体師の元に掛けこみ、この偏頭痛にも繋がる奇妙な肩こりと首の痛みをどうにかしてもらいたいと整体師の先生に泣きついたのです。先生は、私の体に触れることもなく、体の曲がり具合や姿勢などを見て、「あんた、どんだけ性質の悪い枕使って寝てるの?」と聞かれました。突然、そんなことを言われて驚きました。

私は、その質問に一瞬意味が解らず疑問符ばかりを浮かべていましたが、、この奇妙な体の痛みは全て私が使っている枕のせいだと、先生の口から暴露された時、そう言えば、あの枕にしてから中々眠れなくなったんだよな、と気づかされるハメになりました。全然気にしていなかったのに、先生はやはり評判通りだと思いました。

先生いわく、やはり枕は首に一番重心がくる為、可笑しな作りの枕や、あまりに柔らかすぎる枕を使用し続けると姿勢の悪さは勿論、歯並びや、歯の噛み合わせにも支障をきたすので、ちゃんとした自分にピッタリとあった最適なオーダメイドの枕を作った方が絶対に良いと言われました。

自分に合った「じぶんまくら」は良い睡眠を得るための必須アイテム

私はさっそく次の日、地元にある「じぶんまくら」へ直行し、ちゃんと頭の形に合い、自分の首の高さに合う高さにしてもらい、柔らかかったり柔らかすぎるものは極力避けた方が良いと言われたので、少々枕の中に入れるビーズの量も増やしてもらいオーダーメイド枕を作ってもらいました。

指の腹で押して少し沈む程度の固さの自分だけの少々普通の枕と比べて値は張りますが、この枕に変えてからというものの、いびきをかかずに眠れたり次の日の仕事に前日の疲れを一切持っていかず業務に集中出来るなど、素晴らしいメリットばかりで、ちゃんとした枕に変えて本当に良かったと痛感しております。

なんか、寝つきが悪いとか、目覚めが悪いなと思うようになり、起きた時に体が痛かったりした時は、ひょっとしたら枕のせいかもしれないと思ってください。整骨院の先生がおっしゃっていたことで、自分に合った枕で安眠を確保したいのであれば、きちんとした枕を作ることをお勧めします。

お医者さんの快夢まくら

朝まで快適に眠れる医師が考案した低反発枕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です