メニュー

いびきが気になる女性の治療 自覚してない人の自宅で簡単にできる改善方法 いびきをかくことは、健康にはとても良くないことが分かりました

2016年9月25日 - 睡眠の体験談, いびき
いびきが気になる女性の治療 自覚してない人の自宅で簡単にできる改善方法 いびきをかくことは、健康にはとても良くないことが分かりました

%e3%81%84%e3%81%b3%e3%81%8d%e3%80%80%e5%a5%b3%e6%80%a7

40歳女性 会社員。知らず知らずにいびきをかいていることを忘れていた

いびきをかくようになった小学生の時の女友達からの指摘がショック

私のいびきは、とてもひどい時と、そんなにひどくない時があるようです。それは、いびきというのは、自分で気づかないことが多いから分からないのです。それでも時々、自分のいびきで目が覚めることもあります。おっとと思うくらいに突然、目が覚めることがあります。

私がいびきをかいていることを知ったのは、小学生の時です。それまでは誰からも指摘をされることがなかったので、自分がいびきをかいていることを知らなかったのです。家族とは別に部屋があったので一人で寝ていたため、家族の誰も言ってくれませんでした。その時に、気づいていれば対処をしていたのかもしれません。

しかし、その時はきました。小学生の修学旅行の時に、初めて友人にいびきをかいていると指摘をされました。その時は、いびきをかいていたよ、ぐらいの軽い指摘だったので、あまり悲観をすることもありませんでした。周りの他の女の子は誰もいびきをかかないのかな、とも思いました。

職場の同僚からいびきをかいていると言われ、実はいびきは治っていなかった

その時は、少し傷ついたところはありましたが、笑って自分の気持ちをごまかすことにしたのです。女の子なので、いびきをかいている私のことを知り、ショックだったのです。しかし、その後はいびきのことについて誰からも指摘を受けることがなかったので、そのままいびきの事は忘れていました。

そんな時、いびきをかくことをとても辛いと思うことがありました。それは、職場で泊りがけで研修に行くことになった時です。その時、同じ部屋で一緒に寝ていた同僚にいびきをかいていたよ、と指摘を受けたのです。その指摘を受けた時は、かなりショックでした。それは、自分がやっぱりいびきが治っていないのだと思ったからです。

私の気持ちは複雑でした。小学生の時にいびきをかいていると女友達から1回指摘されただけで、軽い気持ちしかなかったので、その後忘れていたものが、大人になってから同僚に指摘されたことがとてもショックでした。実は、ひそかにいびきは治ったものと思っていたこともあります。

真剣にいびきを治す、自分でできるちょっとした工夫で目覚めよし

そんなこともあり、真剣にいびきを治すことを考えました。まず、インターネットでいびきの治し方について調べてみました。すると枕の高さを変えたり、タオル枕を作って首の下に置いて寝たり、病院などへも行かなくても自分でできる内容がたくさん書いてあったのです。

そこに書かれていることで、横になって寝ることによって、いびきを改善することが出来るということが書かれてあったので、早速その夜は横になって寝てみることにしました。一人で寝ていたので録音でもしないといびきをかいているのか、かいていないのか確認することはできませんでした。

一つだけ実感として分かったことは、朝の目覚めが良かったと言うことです。横になって寝ることでいびきをかかないで、グッスリ眠れたのかもしれません。そのことから、いびきをかくことによって、熟睡をすることが出来ていないということが分かりました。それはなんとしてでも、本格的に治したいと思うようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です