メニュー

無呼吸症候群いびきで息苦しい悪夢~浅い睡眠状態で見た覚醒夢で、睡眠中に空を飛ぶことができた秘訣 

2016年10月5日 - 夢の体験談, いびき
無呼吸症候群いびきで息苦しい悪夢~浅い睡眠状態で見た覚醒夢で、睡眠中に空を飛ぶことができた秘訣 

%e7%a9%ba%e3%82%92%e9%a3%9b%e3%81%b6%e5%a4%a2-2

30歳男性 派遣社員。睡眠中に空を飛ぶ!?(オカルトではありません)

寝つきが悪く、物音で目が覚めてしまう悪い睡眠状態を改善する方法

私の睡眠はとにかく浅く、ぐっすりと深い眠りについた経験は人生の中で本当に少ないです。とにかく寝つきが悪く、せっかく眠っても小さな物音で目が覚めてしまい、朝起きると頭が重く、体がだるいのです。背中や首、肩は、いつもバキバキに固まっていて、とても辛い思いをしています。

朝起きたら湯船に浸かり、体をほぐさないと、ろくに活動が開始できません。このままでは嫌なので改善策はないのかと思い方法を探すことにしました。原因はどこにあるのだろう。寝具が悪いのだろうか、枕が悪いのだろうか。寝る前のスマホがいけないのだろうか。仕事のストレスがいけないのだろうか。考え始まったらきりがありません。

私は枕を変えるところから始めました。徹底的に枕を試し、店で実際に横になり、購入しました。結果は枕ではありませんでした。体勢は楽になりましたが寝起きのだるさは変わりません。次に、布団を変えました。睡眠は人生の三分の一を占めるので寝具には一番お金をかけるべきという意見もあるので、これを参考にしました。

試行錯誤で寝具を変えてみても、スッキリとせずにストレス続きの日々

清水の舞台から飛び降りく感覚で、値段は高めでしたが、フカフカの布団を購入してみましたが、。これもあまり効果がありませんでした。もったいない気持ちになりました。ベッドがいけないのかと畳の上に直接寝てみても効果なし。試行錯誤を続けていますが、歴然とした結果が出ずにストレスの溜まる日々を過ごしています。

私は寝相が悪く、逆を向いているなんてことは当たり前、ひどい時には起きた時に椅子に座っていたなんて珍事が起きたことがあります。夢遊病なのではないかと一時期不安になりましたが、そう頻繁に起こることではなかったので夢遊病ではないようです。それと私が少し自分で怖くなるのは正夢を見る機会の多さです。

一番怖かったのはコーラの缶が倒れる瞬間に、あ、これ今倒れる、と友達に預言したことです。また、場所ははっきりと分かりせんでしたが、どこかのグラウンドで青いTシャツを着た男性と女性二人が話をしている夢を見たことがありました。顔は分かりません。印象に残っているのは服装だけでした。

正夢も覚醒夢も見ることができる私の特技。金縛りの時に意識を空中へ

時間は過ぎて、私が大学へ進学して、陸上競技のグラウンドでふと何かが頭をよぎったのです。「これなんか見たことあるな」と。そう言えば後ろに男女が三人で会話していたっけ、と思い振り返ると、大学で知り合った仲間3人が楽しそうに談笑していたのです。ああ、あの夢に出てきたのあいつらだったのか。

ここで出会う運命だったんだな、と思うと同時に少し怖くなりました。正夢というものは、自分しか覚えていないことですし、他人に話しても信じてくれません。悔しいことに。また、私は覚醒夢というものを見たことがあります。これは非常にリアルな夢で、空を飛んだり好きな芸能人に会えたりする夢です。

この覚醒夢を見る時に金縛りになった際、意識を空中にグーッと押し出すと空を飛ぶことができます。誰に話しても信じてもらえないのですが、ネットで調べたら同じ経験をしている方を見かけたので自分だけではないと安心しました。オカルトめいてきましたが私は真剣に悩んでいるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です