メニュー

【枕が合わないおススメの向きと高さ】薄い枕から低反発の大きい枕に変えたら、熟睡感が半端ない眠りに

2016年10月7日 -
【枕が合わないおススメの向きと高さ】薄い枕から低反発の大きい枕に変えたら、熟睡感が半端ない眠りに

%e6%9e%95%e3%80%80%e7%86%9f%e7%9d%a1
40歳代女性 フリーター。枕難民歴は2年

ペチャンコ枕は悪い。熟睡感も目覚めも悪い最悪の枕

私が今まで使っていた枕は、少しペチャンコで薄くて、頭を十分に支えてくれていなかったのかもしれません。それでも、初めのうちは眠れていたので、あまり気にしていませんでいたが、その枕を使っていくうちに、だんだんと眠れない日が多くなってきて、夜中にもよく目が醒めるようになりました。

やっぱり、このペチャンコ枕が悪いのだろうか、そう思うようになっていきました。そこで、家にあった他の枕に変えてみましたが、あまり変わりませんでした。今までも色々な枕を変えたのですが、なかなか熟睡できることができなくなっていました。そんな枕難民歴が2年位になります。

特に夏場は安眠できることが少なく、部屋がそれほど暑くはなくても途中で目が覚めることが多かったんです。目が覚めては寝て、また目が覚めては寝る、ということを繰り返していました。朝起きた時に、まだ眠たいという日も多くなってきたため、思いきって新しい枕を買おうと思いました。

低反発枕に変えて、よく眠れるようになった実感は素敵な経験

今までは、数はあまり多くはありませんが家にある枕を色々と使っていたので、新しく買ってはいなかったんです。いろんな枕を調べてみたのですが、どれが自分にいいのかよく分かりませんでした。でも調べていくうちに、反発性の少ない枕がいいのではないかと思い、その枕を買ってみました。

その枕は、強く押しても、ゆっくりと戻ってくるタイプの、当時はまだ新しいタイプの素材で、しきりにテレビの通信販売の番組などでも紹介されていました。とても寝心地が良く、目覚めも良いとしきりに言っていました。実際には、枕の高さがあまりにも高すぎると、なかなか寝つけない方なのですが、その枕の高さは私にとってはほど良い感じでした。

枕を買ってすぐに、どんな感じなのか試してみたところ、低反発を謳っているということもあって、頭部にあまり負担がかかりませんでした。そのまま頭がすっと吸収されるような感じでした。頭の位置がだいぶん落ち着いて、前よりもぐっすりと眠れることが多くなり熟睡感も増し、目覚めも良くなりました。

1万円近くした枕が自分に合って欲しい。今までとは違う安眠枕

睡眠の悪さは、ベッドの固さやシーツなどの重さも関係しているのかなと思い、色々と調べていくうちに、少しずつ眠れない原因が分かるようになっていきました。今までは漠然として、寝る時に頭を乗せておくための道具でしかありませんでした。まだ夜中に目が覚めることもあるのですが、以前と比べてみてもその違いは歴然としています。

寝ている途中で目が醒めることもあるのですが、回数は明らかに減っています。そして、今までとは寝入り感も違っているように思います。今まで試していた枕は、家にあったものだったということもあり、大きさも小さめのものが多く、ちょっと寝返っただけでも頭が枕から落ちてしまっていました。

でも新しく購入した枕は少し大きいので、寝返っても頭が枕から落ちないため、眠りが深くなっているのだなと思っています。この枕の価格は1万円以下でした。今はこれでだいぶ満足しているのですが、もしもっと安眠できる枕があるのであれば、試してみたいと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です