【枕が合わないおススメの向きと高さ】良い睡眠をとるための工夫は、枕を大きくすることと環境整備


%e5%af%9d%e8%b5%b7%e3%81%8d%e3%80%80%e5%a5%b3%e6%80%a7

22歳女性 接客業。普段の私の睡眠とよく見る夢について

睡眠の質を良くする工夫で1番は、ベッド周りを綺麗にすれば

毎日当たり前のように行う睡眠ですが、皆さんは快適な睡眠を取れているでしょうか?私は現在22歳の女性で接客のお仕事をしているですが、仕事の疲れが溜まりながらも毎日良い睡眠を取ることが出来ています。良い睡眠を取るためにいくつか工夫している事もあります。

私が毎日行なっている睡眠は、とても単純な工夫ですが、就寝時間をしっかりと決めてその時間で必ず眠るようにしています。就寝時間をしっかりと決める事で確実に睡眠時間を確保して快適な睡眠を取れるようにしています。帰りが遅くなって、つい夜更かしをしてしまいそうな時もありますが、夜更かしの誘惑に負けないように日々努力しています。

また私は、睡眠の質を上げるための工夫も行なっています。私が1番力を入れているのはベッドメイキングです。ベッド全体を綺麗に掃除したり、綺麗に掛け布団をセットしたりして、快適に眠れるベッドを毎日作って眠っています。ベッドが綺麗だと自然と睡眠も良いものになっていくと思いますのです。

大きな枕で頭が落ちないのも、良い睡眠に必須

他にはできるだけ大きな枕を用意するように工夫をしています。大きな枕だと、なんだか包まれるような安心感があって、心地よく眠ることができるんです。また、枕が大きいと多少寝返りを打ったとしても頭が枕から落ちにくくなるので、寝相の悪い方にもオススメです。

実は、私は寝相が悪い方で、以前起きた時に頭がベッドからはみ出て落ちそうになっていたことがありました。こんな事が続くと、自分でも心配になりましたが、その時だけでした。自分の寝相が悪いのは分かってはいましたが、流石にその時は自分でも呆れてしまいました。

寝相というものは、その日の疲労感にも影響があり、仕事で疲れたりお付き合いで帰りが遅くなった時の翌朝は、本来なら疲れているはずなのに体は前後左右に動かして、衣類もぐちゃぐちゃ、イングもぐちゃぐちゃになったりもしています。

怖い夢ばかり見ていては、快適に眠れません

眠っている間と言えば夢ですが、私は最近はなぜか怖い系や不気味系の夢ばかり見てしまいます。信じられないかもしれませんが、数日前は不気味な大きな屋敷に閉じ込められて探索する夢を見ました。夢の中のことですので鮮明には覚えていないのですが、だいたいどのような内容の夢を見たかはほんのりと覚えているのです。

せっかく快適な環境で眠れてもこのような夢ばかりでは、あまり快適に眠れた気がしません。どうせ見るならもっと明るい雰囲気の夢を見たいと私は思います。毎日誰もが行う睡眠ですが、ちょっとした工夫で睡眠の質をあげたり寝相を改善できたりすることが出来ます。

あまり良い睡眠が取れていないと思う方は、思い切って寝具一式を新しく新調して見るのもとても効果的だと思います。次の日を元気に過ごすためにもしっかりと睡眠時間を確保した生活を送っていきましょう!質のいい睡眠を取れていないと思う方は、一度寝具の掃除から始めてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク



カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です