メニュー

【頭痛原因と一瞬で治す方法】後頭部の右がズキズキ!危険な症状解消法!

2017年9月4日 - 頭痛
【頭痛原因と一瞬で治す方法】後頭部の右がズキズキ!危険な症状解消法!

%e9%a0%ad%e3%82%92%e6%8a%b1%e3%81%88%e3%82%8b%e7%94%b7%e5%ad%90頭痛と言っても、頭のどこが痛いかによっても症状や原因、そして頭痛の解消法が違ってきます。あなたの頭痛の痛みはどこが痛いですか?後頭部の右がズキズキする頭痛ならこちらを参考にしてください。

後頭部の右側だけが痛いのはなぜ?

なぜ右側の後頭部だけが痛いのか?なぜ、ズキズキする頭痛が起こるのか?それは、利き手が影響しているのです。日本人は右手を利き手としている人が多く、8割を超えています。そのため、右手で作業をするとか、かばんやバックなどを右肩に下げるなど、どうしても上半身の右半分に負担がかかっているのです。

また、右側の後頭部がズキズキ痛くなる頭痛の主な原因がストレスからくるとも言われています。日常生活のなかでストレスを感じることで後頭部周辺への血流が悪くなり、筋肉が硬直して神経が刺激されて、右後頭部頭痛が生じるというメカニズムになっています。ストレスを感じないようにすることで、後頭部の頭痛はなくなるでしょう。

こんな頭痛は命の危険が心配

命の危険を伴う頭痛として、くも膜下出血および脳腫瘍があります。

くも膜下出血は、脳動脈瘤の破裂が原因で突然激しい頭痛を生じます。時には吐き気や嘔吐、意識障害を伴うこともあります。くも膜下出血は、突然起こるのでなかなか前兆としてはっきりとしたことは分かっていませんが、急な頭痛、吐き気・目まい、血圧の乱高下、普段いびきをかかない人がいびきをかく、片目の急激な視力低下、頭の中のモヤモヤ・違和感などがあります。

脳腫瘍は、脳内異常に細胞が増殖するのがんです。悪性の場合には命の危険がある病気です。脳腫瘍の頭痛は、痛みが徐々に強くなってきて朝起きた時に最も痛みを感じるようになるという特徴があります。頭痛と同時に吐き気や手足のしびれ、手足の麻痺や尿失禁などが現れることがあります。

注意する頭痛の症状

・突然の激しい痛み。吐き気や嘔吐なども伴う
・後頭部の激しい痛み。うなじが硬くなり、体を動かすと強く痛む
・頭が重くなり、鈍い痛みが徐々に増し、吐き気がないのに突然吐く
・頭痛や吐き気と同時に、手足がしびれて感覚がにぶくなり動かせなくなる
・頭痛と同時に手足が麻痺したり、尿失禁などがある

右後頭部痛のズキズキ頭痛の解消法は?

前述しましたが、右後頭部のズキズキ頭痛はストレスが主な原因で起こるので、ストレスを解消することを最優先に考えなければなりません。また、この頭痛の予防策としても、ストレスを溜めない日常生活を送ることで起こらなくなると思います。

ストレス解消法は、人それぞれあると思いますが、お風呂にゆっくりと入ったり、シャワーを浴びたり、マッサージをしたり、自身がストレスを解消する方法を確立することで、これらの頭痛の予防だったり、解消する方法にもなると思います。

まとめ

後頭部の右がズキズキする頭痛の原因は、右利きに由来します。上半身の左右バランスを念頭において日常の生活を改善することです。そして、ストレスも原因になりますので、ストレスを溜めない日常生活を手に入れ、万一、頭痛が起こった時の解消法としてのストレス解消法を確立しておくことで、辛い頭痛から解放されることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です