メニュー

自分に合った枕を探す方法~枕が合わないおススメの向きと高さ~肩こり・首こりの原因【首こりスッキリ法】

2016年10月18日 -
自分に合った枕を探す方法~枕が合わないおススメの向きと高さ~肩こり・首こりの原因【首こりスッキリ法】

あなたはご存知ですか?肩こりや首こりが今お使いの枕が原因になっていることを。実は、枕と一言で言っても、枕の大きさ、高さ、硬さ、素材などと多種多様な枕が存在しています。あなたが今使っている枕は、あなたの体に合っていますか?

自分に合った枕を知ることから始めよう 理想的な枕の高さは?

より良い睡眠を取るためには、枕の高さが最も重要だと言われています。まず、理想的な枕というのは、寝ている時に頭と首の間にできる空間を埋めることができるものです。実際には、直立した姿勢のまま寝ることができる枕が、理想的な枕の高さです。

しかし、人それぞれ体型が違いますので「これ!」と名指しすることはできません。枕が高すぎると首が曲がりすぎてしまい、首こりを起こしてしまいます。寝起きの頭痛にもつながります。さらに、寝違えたり、いびきを増幅したり、女性が気にする首のシワの原因にもなります。

逆に、枕が低すぎると頭に血が上ってしまうため、寝付きが悪くなり熟睡できません。さらに、顔のむくみ、貧血、首筋の痛みを生じることがあります。よく言われているのは、頭が5度位の傾斜で頭が支えられる枕の高さが理想的だと言われています。
%e8%a7%92%e5%ba%a6%e3%80%805%e5%ba%a6

体型による自分に合った理想的な枕の高さは?

◎細身の人・・・高さ2.5~3.0cm
◎標準体型の人・・・高さ3.4~4.0cm
◎体格の良い人・・・高さ4.0~5.0cm

一概には言えませんが、体格の良い人は高め、細目の人は低めの枕を好む傾向があり、また、一般的には、男性は高め、女性は低めの枕を好む傾向にあります。しかし、どうしても高さで悩んだ時は、低めの枕を選びましょう。

その理由は、低めの枕を選んで購入したとしても、低いと感じた時にはタオルなどで枕の高さを調節することができますが、高めの枕を購入して、高いと感じた時には削ることはできませんので、迷ったときは、低めの枕を選んで購入しましょう。

自分に合った枕を知ることから始めよう 理想的な枕の素材は?

自分に合った理想的な枕の素材は?という質問にズバリお答えすると、「リラックスできる素材」を選ぶことです。一言でリラックスできる素材といっても人それぞれ。実際に枕に触ってみて、触った時に違和感がなく、リラックスできる素材の枕を選びましょう。

また、寝心地を良くするという観点から、通気性・吸放湿性に優れた頭に熱がこもらない枕、あと、頭が沈みすぎないで寝返りがちゃんとうてて、中身が偏らない枕を選ぶようにしましょう。

%e3%81%9d%e3%81%b0%e3%81%8c%e3%82%89%e6%9e%95

リラックスできる自分に合った理想的な枕の素材は?

◎フェザー(羽根)素材・・・保湿性に優れ、蒸れにくい
◎ポリウレタン綿素材・・・ふんわりとボリューム感があり、保湿性がある
◎低反発ウレタン素材・・・体圧分散効果で、体の負担を軽減できる
◎そばがら素材・・・通気性・放熱性に優れている
◎ヒノキ素材・・・防湿・防カビ効果があり、ヒノキ香で安眠できる
◎ビーズ素材・・・熱がこもりやすい、ビーズの流動性で安定感がない
◎パイプ素材・・・通気性があり、耐久性に優れているが、ゴツゴツ感がある
◎備長炭素材・・・抗菌脱臭、遠赤外線、調湿効果があるが、ゴツゴツ感がある

それぞれの特徴に一長一短があり、枕の素材も好み重視になるかもしれませんが、頭痛、肩こり、首こりがある人は、ある程度のホールド感(頭と首)がある枕がよく、フェザー(羽根)素材の枕が良いと言われています。

自分に合った枕を知ることから始めよう 理想的な枕の大きさは?

結論から言うと、自分に合った理想的な枕の横幅は、寝返りをしても頭が落ちない大きさです。実際に枕に頭を乗せて左右に動かしてみてください。それでも落ちない大きさです。また、枕の奥行きは、頭を乗せた時に肩先までしっかりと支えている大きさです。実寸では、横幅60cm以上、奥行き40cm以上が理想と言われています。
470413

リラックスできる自分に合った理想的な枕の大きさは?

◎標準サイズ:43×63cm・・・人間の肩幅と枕の横幅が同じになるサイズ
◎標準サイズより一回り大きな:サイズ50×70cm・・・ホテル仕様でゆったりサイズ
◎アメリカンサイズ:60×75cm・・・かなり大きく余裕のあるサイズ
◎二人用サイズ:43×120cm・・・横幅が長いので寝返りをよくうつ人向けサイズ

まとめ

枕が合っていないと、頭痛、肩こり、首こりを起こしてしまいます。どのようにして自分に合った理想的な枕の高さ・素材・大きさについてお話をしてきましたが、究極、好みになると思います。体型などで自分に合った枕を選んだとしても、その枕を使って寝ていてもリラックスできないのではどうしようもありません。

理想的な枕は、頭が沈み込まない硬さで、寝返りをうっても頭が落ちない大きさで、通気性・放湿性に優れたものです。そして、実際に枕を購入する時は、実際に枕を使って横になって寝てみる位の気持ちでないといけません。それなので、自分に合った枕をネット販売や量販店での購入は控えた方が良いでしょう。

「首や肩の痛みを治したいと」心の底から思っているあなたへ

 

首こりスッキリ法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です