メニュー

偏頭痛もちの人が避けたほうがよい食物3つ!あるものとは?【枕が合わないおススメの向きと高さ】

2017年9月4日 -
偏頭痛もちの人が避けたほうがよい食物3つ!あるものとは?【枕が合わないおススメの向きと高さ】

偏頭痛の原因には、肩こり、目の疲れなど色々と考えられます。ちょっと視点を変えて、普段から食事などで摂取する食物にも偏頭痛の原因となる、ある“食べ物”があります。

このある“食べ物”を避けることで、辛い偏頭痛の痛みの予防ができるとしたらうれしい限りじゃないですか?

避けたほうがよい食物 1-赤ワイン

ワインに含まれている「亜硫酸塩」と「アミン」という2つ成分のアレルギーが原因で、偏頭痛が起こると言われています。ワインに多く含まれる混合物によってアレルギー反応を示してしまうことで、偏頭痛が起こるというメカニズムです。

また、偏頭痛の原因で良く知られている物質に、ヒスタミンというものがありますが、このヒスタミンは、血管拡張作用があります。従って、ヒスタミンが多いワインを摂取することで、血管が急激に拡張することで偏頭痛が起こるのです。

余談ですが、お酒を飲んでいると脱水症状になりやすくなります。それが原因でも偏頭痛を誘発してしまいますので、要注意です。

避けたほうがよい食物 2-チーズ


チーズといっても、熟成チーズに属するのもは避けた方がよい食物の一つです。熟成チーズに含まれる「チラミン」という成分が、偏頭痛の原因になる物質のようです。

この「チラミン」が神経伝達物質に作用して偏頭痛を引き起こすのです。
ワインに熟成チーズなんて当たり前の食事風景で見かけるものですが、偏頭痛の人は避けなければなりません。

とは言え、普通のチーズなら問題はありません。熟成でなければ良いのでフレッシュチーズなら大丈夫。

避けたほうがよい食物 3-ハム


ハムやソーセージなどには防腐剤が含まれている可能性があり、防腐剤として亜硝酸ナトリウムが使われていると、偏頭痛の原因になることがありますので、偏頭痛になりたくなければ、食べるのを止めましょう。

まとめ

ワインとチーズとハム・ソーセージなんてよくパーティーなんかでは、当たり前に出される食物ですね。パーティーに参加する時には、偏頭痛には良くない3つの代表選手になりますので、自分で管理していないと辛い思いをしてしまいます。

これらの知識を持っていれば、「ワイン×チーズ×ハム」の偏頭痛の3悪を避けることができます。是非、この知識を頭の中に入れておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です