メニュー

【頭痛原因と一瞬で治す方法】脳外科でMRI検査、耳鼻科で蓄膿症検査をしても原因不明で困惑

2016年9月9日 - 頭痛
【頭痛原因と一瞬で治す方法】脳外科でMRI検査、耳鼻科で蓄膿症検査をしても原因不明で困惑

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%80%80%e7%94%b7%e6%80%a7

45歳会社員の男性。パソコンの仕事が多く、肩こりと頭痛で毎日つらい思いをしています

パソコンが私の日常になってから頭痛と肩こりが日常的にひどくなった事実

私がパソコンと出会ったのは、Windows95が世間を賑わした時だった。仕事場にはパソコンが導入され、実際に使ってみると便利なツールだった。今まで手書きをしていたものや見積書などは電卓をたたいて計算して作っていたものが簡単にでき、時間の節約にもなり、仕事が効率化していきました。

半面、インターネットという世界が身近になり、変なことを調べたりするようになり、夜遅くまで事務所にいる日が続きました。残業するからと、事務所のデスクの上にある大きな画面のパソコンとにらめっこの日々でした。ふと気づくと頭を前に出して、首が前傾しているではありませんか。

そんなある日、目がかすんできたのです。そりゃそうですよね。あまり明るくない夜の事務所でパソコンの画面にくぎ付けになっているんですからね。そして、終いには肩も凝るようになってしまいまいました。仕事をしに会社に行くのか、夜パソコンで変なのを見るのを楽しみに仕事をしていました。仕事できたんかい。

頭痛の原因がMRI検査でも異常がなく、肩の緊張からくる頭痛と言われた事実

そんなある日の目覚めた時でした。頭がガンガンと痛いではありませんか。どうしたのか?不安になり、仕事を休んで脳外科に行きました。その日は、問診だけで次回、MRIの検査を受けることになりました。MRI検査は初体験でしたが、グワァングワァンと最初はうるさかったけど、いつの間にか寝ていました。

検査室から出てきて診察室で自分の脳の画像(MRI画像)を見せてもらい、でもどこも梗塞しているわけじゃないし、出血も見られない。君の頭痛の原因は、筋緊張型の頭痛だと言われました。パソコンで遊んでいて肩が凝るのが原因のようです。筋肉を柔らかくする塗り薬をもらって、肩に塗るようにしました。

今でいうところのバンテリン軟膏のようなものだったのでしょう。家に帰ってきてその薬を塗ってみましたが、痛みが軽減することはありませんでした。その後も、毎日のようにその薬を塗っていましたが、頭痛は一向に治らずに肩も凝り続けていました。皆さんは、肩を回した時に、周りの人が聞こえる位にコリコリと音がしますか。私は音がするのです。

肩の筋肉のこわばり、筋緊張型頭痛は、肩をグルグル回してほぐすとイイらしい!?

MRI検査を終わって、病院の帰り道にマッサージ屋さんがあったので、肩をほぐしてもらおうと思い初めての所でしたが試しに入ってみました。マッサージをやってもらっている時はとても気持ちが良かったのですが、翌日、俗にいう揉み返しがあって、体中が痛く仕事になりませんでした。

以前、広島カープにいた前田投手がマエケン体操というのをやっていましたよね。あれは肩こりにイイみたいですね。マエケンも登板前に肩をほぐすためにやっているとも言っていました。それならと思い、私も真似をしてやってみたことがあるのですが、あそこまで腕は上がらないし、あんなに早く肩を回すことができませんでした。

パソコンは今や当たり前。スマホを見る時の姿勢も頭痛になりやすい姿勢のようですよ。仕事をするためには、パソコンやスマホは必需品なので、操作をする姿勢に自分が注意していることが筋緊張にならずに済むかもしれません。そうすれば、頭痛も肩こりも軽減されることでしょう。ところで、最近、スマホ首という症状があるみたいですが、ご存知ですか?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です