睡眠時無呼吸症候群やいびきはうつぶせ寝で改善するってホント?【Dr.Smith】


うつぶせに眠ることでイビキや無呼吸(睡眠時無呼吸症候群)の改善が望め、深い眠りが得られます。 また、うつぶせに眠ると副交感神経が優位になるので寝つきが良くなります。

うつぶせ寝は質の高い睡眠

うつぶせに眠ると、ノドを塞いでいた舌が唇の方へ移動するので鼻の通りが良くなります。スムーズな呼吸でたくさんの酸素を体内にとりこみ、より深い眠りに入りやすくします。

うつぶせに眠ると、物理的に舌は唇の方向に下がり、鼻から喉の気道がしっかりと確保されます。とうぜんイビキも解消されます。ほかにも、副交感神経が優位になりリラックスでき眠りやすくなる。介護の現場ではタンが排泄されやすくなるなど、うつぶせ姿勢、で眠ることの様々なメリットが報告されています。

睡眠中は意識がないので、自分が無呼吸であっても、なかなか気がつきません。人によってはすぐにでも治療が必要な方も居られますので、気になる方は、医療機関での検査をお勧めします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ゜’・:*:.。☆Dr.Smith公式オンラインショップ☆。.:*:・’゜ Dr.Smithは「寝ている間に美しく」をコンセプトに    ただ眠るためだけの寝具ではなく質の良い眠りで美容効果を高め、          本来の美しさを引き出す「美容寝具」の販売を行っています☆ Dr.Smith公式オンラインショップはこちら

寝ながら美しく、美容寝具【Dr.Smith】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓