まさか自分がいびきをかいているなんて!いびき原因と対策でマウスピースを試してみた【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】

%e3%81%84%e3%81%b3%e3%81%8d1
46歳女性 主婦兼派遣社員。まさか自分がいびきをかいているなんて

結婚して分かった、自分がいびきをかいている事実と恥ずかしい思い

結婚後1年ほどの頃、主人から「最近明け方のいびきがすごいよ。」と言われ、自分がいびきをかいていることを知り、少なからずショックを受けました。それまで自分ではまったく気がつかなかったのですが、まさか自分がいびきをかいているなんて、思いもよりませんでした。

夫曰く、いびきの音はそんなに大きくないようなのですが、”ゴォーッ、ゴォーッ”というような音のようです。自分では聞いたことがなく、録音をするのも怖いので聞いたことはありません。ただ、実家の母に聞いてみたところ、どうも子供のころからいびきはかいていたそうですのです。

中高生の頃の修学旅行はいったいどうだったんだろう、大学の部活の合宿でも?と今更ながら恥ずかしさでいっぱいになりました。いびきを自覚した後も、特に友人との旅行などを躊躇したりはしていませんが、一言、いびきをかくかも、ということは友人に言っておくようにしています。

マウスピースでいびきも歯ぎしりもなく、よく眠れる夜に

友人たちは優しいのでそのことをとりたてて言うことはありませんでしたが、おそらく気付いていたのでしょう。隣で寝ている夫は、私のいびきが何日も連続すると、私の体のことを心配して指摘してくれます。いびきをかいている日は、寝言も言うようなので何かあったのかな、と思うみたいです。

そうは言っても出来ることならいびきは改善したいので、どんな時にいびきをかいているのか自分で考えてみたのですが、お酒を飲んだ後の明け方は必ずいびきをかいているようです。いびきがひどかった日は、朝目覚めても体の疲れが取れていないような気がします。きっと、自分のいびきの音で寝ている途中で目が覚めているのか、と思います。

私がいびきをかくのと関係があるのか分かりませんが、私は歯並びが悪く、時々歯ぎしりもあるので歯医者さんから就寝時のマウスピースを使ってみては、と勧められています。実際にマウスピースを付けて寝た時は、不思議と歯ぎしりもなく、いびきもかいていないようなので効果があるのかもしれません。

いびきをかいた夜は無呼吸症候群になっていないかと不安

結婚してからこの何年も、夫は、自分もいびきをかくので私に対して文句を言ってくるわけではありません。夫の睡眠を邪魔しているわけではないので、大丈夫だと思いますが、私自身、寝ている時にいびきをかいたり、歯ぎしりをしたりで熟睡できないくことで体の疲れがとれなかったりするのが気になっています。

少し前に、無呼吸症候群という病気を知りましたが、よくいびきをかく人が無呼吸症候群になりやすいと言っていましたが、私もそうだったらと心配しています。睡眠時無呼吸症候群は、寝ている途中に何分も呼吸が止まって、酸素が足りなくなっていたら脳とかにもダメージがあるのではないか、と不安になったりしています。

そんな不安を払拭しようかと思うのですが、良い睡眠をとるために、薬を飲んだり、酸素マスクのような器具をつけたりすることに躊躇しています。今度、近所にある睡眠障害も診てくれる内科のお医者さんに一度相談してみようかな、とは思いますが、今は、とりあえず、私にとって一番効果がありそうなマウスピースで様子を見てみようかなと思っています。

いびき地獄の学生時代の体育会系寮生活。真冬に屋上で寝て・・・。いびきをかかない方法と対策【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】

%e3%81%84%e3%81%b3%e3%81%8d%e5%9c%b0%e7%8d%84

30歳男性 派遣社員。まったくいびきをかかないと思っていましたが、学生寮のいびき地獄体験。

後輩のいびきで睡眠不足。地獄の寮生活

私は普段まったくいびきをかきませんが、ある種の状態になるととたんにいびきモードに入ります。誰もに当てはまりますが、疲労が限界まで達しているとき、アルコールを摂取したとき、精神的なストレスが溜まった時です。そんな時に、私はいびきをかくことになります。

普段は全くかかないので、いびきをかいたら要注意であると自覚しており、音の低い伸びのあるいびきが出た時は仕事量をセーブするなどの対策をとっています。そして、これは私が学生の頃、寮生活時代の話になりますが、1年間は毎日不眠だったことがありました。

今思えばあれが人生で一番苦しかったと思います。同じ部屋だった後輩のいびきが想像を絶する音量だったです。スポーツ関係の寮だったので、100キロを超える男たちの巣窟でした。あまりにもうるさいので足でつつくなどして対処していたのですが、長続きせず、ついには強めに体を揺すったりしていましたが効果はありませんでした。

いびきから逃れて寝る場所を探して、最終的に屋上で寝た話

私も寝ぼけたまま揺すっていたので、気が付いたらお互いに目が合っていたなんて事件も起きました。寮生活でのいびき対策としましては、私は人に何かを伝えるのが極端に苦手なので直接は言えない。だから私が違う部屋で寝ればいいのだと単純なものでした。

すると寝不足が続き精神的なストレスも溜まっていたためか、今度は私のいびきで受け入れてくれた部屋の住人が眠れないという事態が発生してしまいました。どこへ行ってもいびきに付きまとわれる日々・・。そこで私は屋上で寝ることにしました。もともとアウトドアが好きだったので外で寝ることに抵抗はありません。

しかし時期は真冬。一度眠ってみましたが睡眠どころか風邪をひいて日常生活に支障が出てしまうのでこれは却下。さて次はどうしようかと作戦を練り、イヤホンをして寝てみたらどうかと考えました。当時ノイズキャンセリングという電池式で周囲の雑音が消えるヘッドホンが発売されました。

いびきの音を、耳栓とヘッドホンで完全シャットアウトできた実話

私は、睡眠の為ならと大金をはたいてそれを手に入れ、元の部屋で眠ってみました。結果はほとんど意味がなく、優しい音楽もノイズキャンセリングもいびきが突破してきます。そこで次は耳栓を買ってきて、その上にヘッドホンをしてみたらどうかと思い、試してみました。これがビンゴ。

世界は完全に無の世界に包まれ、私は眠ることができたのです。しかし、また問題が発生しました。今度は目覚まし時計の音が聞こえず、朝練に起きることができなくなり、たるんでいると思われてしまったのです。結局、私は夜更けに来客用の使用禁止である部屋へ忍び込んで眠るようになりました。

その経験があるので、知人とどこかに宿泊する際は、いびきが出る程アルコール飲まない、鼻の通りをよくするテープを携帯する、などの対策をもって行動しています。時々、うるさいと言われますが、今ではストレスとの付き合い方も分かってきたので、いびきも減り、ほとんど言われることはなくなったように思います。

【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】いびきを治すにはダイエットも重要な手段。肥満はいびきのもと

%e3%82%ab%e3%83%90

24歳 専業主婦。口を開けて喉から大きないびきをかいたら口が渇いてしまいます

出産後から、喉の奥の怒号のようないびきに悩まされる夫

私は、2年前22歳の時に妊娠・出産を経て、体重が10kg以上増加してしまい、いびきに悩まされるようになりました。私のいびきは、喉から轟くようないびきをしていると、一緒に寝ている夫から指摘される日々です。私自身は指摘をされるまでいびきの自覚はありませんでした。

いくら寝ても眠くてしょうがなく、眠りが浅いということは常々感じていましたし、口を開けて寝ているせいで、口の渇きで深夜に起きてしまうことも多々ありました。それでもなお夫は一緒の部屋に寝ることを選んでくれましたが、時々うるさくて眠れないと漏らすこともあります。かわいそうに。

以前インターネットで、口をテープなどで塞ぐといびきが軽減されるという記事を発見しました。そこでマスキングテープを使って完全に口呼吸を止めて就寝をしましたが、夫曰く「うるささは軽減されたけどいびき自体は根本から治っていない。喉の奥がグオウグオウ鳴っている。」と言われます。

太って喉が塞がれた状態でのいびきは、轟音で周りに迷惑だし自分もダメ

体重が増加したために、喉が塞がれ口呼吸になってしまいいびきに繋がるのかと思っていましたが、口呼吸を止めただけではいびきを止めることはできないのではないかと考えています。しかし、いびきをかいている時は、大体口呼吸になっていることが多いようです。自覚はできていませんが。

また、口にテープを貼ることで口の中の渇きを防ぐことができ、深夜に喉が渇いて目が覚めるということが少なくなったことは良かったと思います。いびきをかくと喉の渇きや浅い睡眠になることが多く非常に困っています。慢性的に疲れていることが多くなってしまい、毎日、眠い状態です。

また、睡眠が足りていないがために集中力も低下して、ぼーっとすることが増えました。家事の合間に寝てしまうこともあり、それでも眠いため昼寝をしたりで生活習慣の乱れにも繋がってしまいます。いびきをかくようになってから、こういった日常での弊害が突然現れました。

いびきが騒音レベルに達してしまったら、大事件

暑い日に窓を開けて寝ていたりすると、いびきの音が外に漏れているのではないかという不安や、夫や子供の睡眠を妨害していることが少なからずあるのだと感じています。一口にいびきと言っても、騒音レベルになってしまったら誰も笑えません。非常に真剣に向き合うべき問題かと感じています。

うつ伏せに寝るといびきをかくことが少なくなっている気がします。肥満が原因でいびきをかく人は、横向きで寝るといいと聞きますが、私には効果が薄いようです。うつ伏せになるといびきがしにくいのか、よく熟睡できますが高確率で寝違いをしてしまいます。これは私だけのことかもしれませんが。

こういったことから、やはり体重を減らすことが一番のいびきをかかないようにする予防かと考えます。ダイエットをやったからと言って、急には痩せれないため、家族の中で一番遅く就寝するなどの対策をとっていますが、生活習慣が乱れるだけで問題解決には繋がってないのが現状です。いびきよ早くなくなってほしいものです。

【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】周りがみんないびきをかいていると知らぬが仏のいびき

233215

54歳 専業主婦。再婚した夫からいびきの事実を初めて聞いて恥ずかしい気持ちです

寝入る瞬間のいびきのすさまじさに思わず目を覚ましてしまう私

私は、ベッドの入って眠りに落ちる瞬間に自分でもビックリする位のけたたましい音のブガガガーーといういびきをかきます。そのため、せっかく眠れるかな~と思っているのにその大きな音で目を覚ましてしまいます。こんないびきをかきたくないのですが、仕方がありません。

私が、いびきを自覚するきっかけは3年前に再婚して夫と同じベッドに寝るようになってからです。はじめの内は夫も何も言わなかったのですが、ある日、テレビでいびきの悩みを持った男性のいびきをどうやって治すか、と言うテーマの番組を夫と一緒に見ていました。

その時、テレビに出演していた男性のいびきの症状と私のいびきが同じだと夫から言われたのです。初めて自分がいびきをかいているんだと知りました。まだ新婚だったので恥ずかしいやらショックやらでどうしようもない気持ちになりました。なぜ、もっと早く行ってくれなかったのかな。

いびきは遺伝?父からも母からもいびきをかいていると言われたことがない私

いつ頃からいびきをかき始めたのかは正直分かりません。子供達と一緒に寝ていた時に子供から言われた事は有りませんでしたし、その後は実家で一人で寝ていたので自分で気づく事もありませんでした。まさか自分がいびきをかいていたとは思ってもいませんでしたが、もしかしたら昔からかいていたのかも知れません。

若い頃には友人と旅行によく行きましたが、いびきのことは言われた事は一度もありません。友人のやさしさで、言わなかっただけかも知れません。色々な人と旅行などへも行きましたし、結婚してからは、家族旅行しかした事がなかったので誰かにいびきを指摘された事もありませんでした。

両親が二人共いびきをかく事は一緒に旅行に行って知っていました。もしかしたら遺伝かしら?両親が友人と旅行を度々していた頃、その友人夫妻もいびきをかく人だったので、お互いさまと言う事で、いびきをかく夫婦が一緒の旅行が成り立っていたんだと思います。

いびきを封印するために夫は私をきつく抱きしめて寝ています。幸せ?

今、再婚して夫からいびきを指摘され何とかならないかと悩み中です。迷惑をかけるので自分なりに体重を落とせば改善されると思いダイエットを試みた事もあるのですが、中々思うように減量は出来ませんでした。5㎏位減量出来た時もあるのですが、いびきはそれ位の減量では改善しませんでした。

ある時から夫に抱きしめられて寝ています。とっても息苦しいし寝苦しいけど愛されているんだと初めは思っていました。でもある時知ったのです。抱きしめているのはいびきをかかせない為だったと(笑)。どうやら仰向いて寝ているとガーガー煩いらしいです。で私を封印する様にして寝るといびきをかけない様なのです。夫の作戦だったのですね。

寝苦しいですがそんな感じで毎晩寝付いています。そして夫が寝てからそーっとすり抜け自由に寝るのです。でも、敏感な夫はすぐに気づく事も多く気付けば又すぐにガバッと封印されます。リラックスして眠りにつくにはダイエットに勤しむしかない様です。10kg落としてやっと平均体重なので10kg位落ちたらいびきも治ると信じたいです。

【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】いびきの音がうるさい夫と10年、私までもがいびき妻にされそうになった秘話

%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e3%81%91%e3%82%93%e3%81%8b

35歳 専業主婦。結婚して10年になる夫のいびきに悩まされてきました

いびきの夫のせいで、元々の不眠症に輪をかけて寝起きが悪い10年目

私は、もともと不眠症気味で非常に眠りが浅いタイプなのですが、その浅くとも貴重な眠りが、夫のいびき轟音によって引き裂かれて、ほぼ毎日、朝起きると顔色が悪く日中はフラフラ…というのが当たり前になってしまっていました。夫に言ってみても「そんなの気のせいだろう、俺は全く自覚なんてないし」と取り合ってくれませんでした。

あんなにすごい轟音なのに、どうして分からないんだろう?と疑問に感じつつも、諦めきって結婚生活を続けてきました。ところがその夫が数か月前の会社の健康診断の時にふと、お医者さんに「嫁がいびきのことで文句を言うんです」と話たところ、真剣に注意されて専門医へ行くことになったのです。

このことをを境に、夫は自分のいびきに対して自覚を持ち始め、「ひょっとして自分は大変な呼吸器系の病気なのではないか?」と恐々とし始めたのです。そして、精密検査の結果、夫のいびきは無呼吸症候群ではないと判断されましたが、医師には「少し痩せた方が健康のためにいいでしょう。」とアドバイスされたのです。

いびきの原因が太りすぎと言われ、せっせとダイエットを始めた夫

それ以降、夫は自らダイエットを始め、早朝にウォーキングを行うようになりました。私としては、段々と太ってきた夫の健康を気にしていましたので、願ってもない展開でした。ところが今度は逆に、いびきに過敏になった夫が「お前だっていびきをかいているぞ」と言い出したのです。

ある早朝、胃もたれのせいでトイレに起きた私が、再びベッドに入って眠りについたのですが、ウトウトするたびに何度も夫に蹴り起こされました。いびきがうるさい、というのです。私は自覚していませんでしたので、それはどういった音?と聞くと、「鼻づまりの状態でフガフガ言ってる感じ・耳障りで寝れやしない、迷惑だ」と、怒り顔です。

自分では気づかなかった音に夫に怒られた時に思ったのですが、夫の轟音に比べればささやかなもの。でも私自身にもいびきの症状があったことを人から聞いたことが大ショックです。人のふり見て我がふり直せ、とは言いますが、私はすぐさま主治医の元へ飛んでいきました。

いびきのことで夫に怒った私が、今度は逆にいびきかいていると言われて大ショック

お医者さんいわく、何の異常もない、季節の変わり目で鼻炎を起こしていて、鼻の内側が腫れっぽくなっているから、そんな音がすることはあるし、元々あなたはアレルギー性鼻炎なんだから」と言われました。また、「そんな音くらいで文句を言うなんて、旦那さんも自分のことを棚にあげてますね」と笑われてしまいました。

それ以降、一日数回の鼻うがいをして、鼻づまりを起こさないように細心の注意を払いながら生活しています。あまりいびきに敏感になりすぎていたのも反省していますが、夫がダイエットをしている姿をみていると、私もこんなこと言ってられない。一緒にウォーキングにでも行こうかな、と思ってはいますが、夫には言い出せていません。

自分がいびきをかいていることと人に言われたことが本当にショックでしたが、夫のいびき轟音のすさまじさをなまじ知っているので、見てみぬふりだけは絶対にできません。夫のいびきで悩まされ続けている奥さんも大勢いらっしゃることもTVなどでも話題になっています。これからもアンチいびき生活を続けるべく、闘志を燃やしています。

【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】いびきの音がうるさい。ガーガー・プスーの混声合唱。娘に嫌われているパパ

%e7%88%b6%e5%a8%98

33歳男性 会社員。いびきの音で、4歳の娘と一緒に寝たいのに、嫌われています

仕事をするようになってから、ストレスでいびきをかくようになりました

私のいびきの音はガーガーとプスーという音の混合です。元々は、いびきをかくタイプではありませんでした。体型は生まれつきぽっちゃり体型ですが、泊まりに来た友人などに「体型がぽっちゃりの割には静かに寝るね!」と驚かれるほどいびきとは無縁でした。そんな私がいびきをかくようになったのは、就職してストレスで体重が増えてからです。

体重が増えてから、寝苦しいと感じるようになり、彼女にいびきがうるさいと言われるようになりました。それまで静かに寝ていた私は、その言葉が信じられませんでした。ところがある日、寝苦しいと思いながら寝ていて自分のいびきの音で起きたことがありました。とても驚きましたが、本当に自分がいびきをかいていたことを知りショックでした。

それから、私はダイエットすることを考えました。すべての原因は太っていることだと思い1日1食ダイエットや夕食を食べないなどダイエットを頑張ることにしました。私は枕を変えたり、元々鼻炎持ちなので鼻の穴を広げるテープを貼ったりしました。このように色々試しては中途半端に終わってしまっています。

いびきは鍼灸治療が効果あり。でも4歳の娘はいびきがうるさいと一緒に寝てくれません

私がいびきから解放されたいと思うようになった理由は、自分はぐっすりと寝ているつもりでも熟睡できていないからか、慢性的に朝起きると疲れているからです。身体がだるく重いことが多くなりました。疲れがたまり、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなり、鼻炎がひどくなりました。

そうすると、また眠れなくなる、という悪循環で、それを断ち切りたくて、すべての不調の原因がいびきにあったのです。そこで、いびきをどうにかしたい、治したいと思うようになりました。いびきに効果のあることを、色々と試した中で、私が一番効果があったのは鍼灸でした。鍼灸で血行が良くなったら眠れるようになりました。

鍼灸に行った日は、自分でもよく眠れているようで、翌朝奥さんにいびきかいてかたな~と聞いてみても、昨日はいびきかいてなかったよ、など言われるようになりました。私には4歳になる娘がいるのですが、私がいびきをかくので一緒に寝てくれません。寝る前は、パパと一緒に寝ると言ってくれるのですが、いざ眠るなってくると・・・。

いびきを治して、育メンパパとして戦力になり奥さんを楽にしたい

パパはうるさいから自分の部屋で眠ってね!と冷たく言い放たれます。とても寂しい毎夜を過ごしています。やっぱり一緒に寝たいと思う父心で、娘が寝たな~と思い、娘の部屋に行き横に寄り添って寝ていると、いつもの通りで、あっち行け、自分の部屋で寝てよ、と怒られてしまいます。何とも情けない父親です。

時々行く、鍼灸治療では効果があるのですが、いつもいびきをかいているパパを知っているので、4歳の娘は、絶対に私と一緒に寝てくれようとしません。奥さんからパパはいびきをかかない時もあるよ、と娘に言い含めてもらってはいますが、どうしても娘の頭から、あの大きなガーガーとプスーという音は消え去ってくれません。

早くいびきをなんとか治して、娘と一緒に仲良く寝たいです。娘の寝かしつけができるようになれば、奥さんもだいぶ楽になると思いますが、今のままではとても娘が寄りついてくれません。いつも奥さんに育児については戦力外通告をされるので、私も育メンの波に乗りたいです。

足の裏にマジックで “いびきがうるさい” と書かれた苦い思い出【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】

550798

70歳男性 無職。いびきで嫌な思い出ばかりの人生

結婚して20年間。私のいびきを20年もの間、妻は我慢していた~反省~

私は、70歳の男性で現在は無職です。私にはいびきで嫌な思い出がたくさんあります。その一つは、今思い出しても妻に申し訳ないなという気持ちでいっぱいです。それは、結婚してから20年位経ったある日、妻から、「お父さんのいびきがひどくて、私は眠れない。睡眠不足だ。」と、突然言われたのです。

結婚して20年もの間、私のいびきがうるさいことを言い出せずに我慢をしていたのだと言っていました。辛かったことと思います。私は少しも気がつかなくて長い間すまなかったと謝り、その夜から私が違う部屋で寝ることにしました。そうすることでお互いにというか、妻に迷惑をかけずに済むのならと実行しました。

その時に妻から聞いた話によると、私のいびきは往復いびきで寝室の外からも聞こえる位の大きさだと言うのです。妻は、お父さんのいびきを録音しておこうと思ったと、言うくらいに私のいびきはひどいものらしいのです。長年申し訳なかったな~。反省しきりでした。その後は、妻と寝室を別にしたので良く眠れるようになったと言っていました。

学生時代のいびきで嫌な思いをした思い出も、自分ではどうしようもないこと

学生時代のいびきにまつわる話ですが、大学生の夏合宿で伊豆に行った時のことです。民宿に大勢の学生が雑魚寝状態で寝てのですが、この時も私のいびきがひどかったことが原因で嫌な思いをしました。朝起きてみると、足の裏にマジックデ「いびき うるさい」と書かれているではありませんか。

仲間の学生達に問いただしたところ、「君のいびきがひどくて鼻をつまんだり蹴飛ばしたりしても全然いびきが収まらないので頭にきて君の足の裏にマジックで“いびき うるさい”と書いたんだとのこと。よっぽどだったんでしょうね。足の裏に書かれたことに対しては怒りを覚えましたが、自分のいびきで迷惑をかけたことの方が恐縮しました。

学生時代の夏合宿のいい思い出も、私のいびきで大変ご迷惑をおかけしたことの方が思い出に残っています。いびきというものは、なかなか自分では分からないし、自分のいびきで起こされるなんてことも数少ないことで、隣に寝ている人から言われなければ分からないことなので、勘弁してほしいです。

私のいびきは、お酒を飲んだ時が酷い。頭をたたいても起きないらしい

私のいびきは、お酒を飲んだ時や昼間身体をひどく使ったときは特にひどいらしいです。この話も20年位前の事ですが、会社の慰安旅行で群馬の草津温泉へ行ったときの夜の宴会で調子に乗って飲みすぎました。宴会が終わり、すぐ寝てしまいましたが、同じ部屋で寝た同僚から「お前のいびきはすごいや、頭をはたいても口をふさいでも効果がなくみんな寝不足だ。」

ある日、高校時代の同窓会があった時、医者になっている仲間に、私のいびきについて聞いてみましたが、いびきをかくのは、喉の筋肉がどうとかこうとか、お酒を飲んだ時や疲れた時、特に肥満が原因になることがあると話してくれましたが、難しくて分かりませんでした。要するに治す方法もないらしいのです。

酒を飲まないか、痩せるくらいしか方法がないということが分かりました。出来るだけ部屋の隅で眠るか、いびきをかくという自覚がある人だけ同じ部屋にするとか以外に気をつけようがないと言う事かもしれません。これからもご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、どうかご勘弁を願いますとあらかじめお願いするしかありません。

睡眠時無呼吸症候群 いびきをシーパップで解消【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】いびきの治療の話。いびきをかかないための対策と治し方

%e3%81%84%e3%81%b3%e3%81%8d%e3%80%80%e3%82%ac%e3%83%81%e8%a8%98%e4%ba%8b%e7%94%a8

いびきは狭くなった上気道が呼吸時に擦れて出る音のこと

そもそもいびきはどうしてかくのでしょうか?いびきをかく原因には、俗に言うノドチンコが大きいと呼吸の妨げとなっていびきをかく。扁桃腺やアデノイドが炎症をおこして腫れているといびきをかく。舌が大きかったり、軟口蓋が大きい場合もいびきをかく。そして、肥満で喉が狭くなっていびきをかく。疲れていたり飲酒をしたりすると舌の筋肉が弱くなりいびきをかく。

いびきは漢字で「鼾」と書くそうです。これは、「鼻から出る干声(かんせい)」の意味で、干声とは大きな声という意味だそうです。このいびきには、大きく分けて三種類あります。まずは、単純いびき症ですが、これは睡眠中に呼吸が止まることもなく、睡眠中に脳が覚醒することもなく、熟睡できます。次いで、上気道抵抗症候群ですが、喉の器官や肥満などで気道が狭くなるために起こります。

最後に、無呼吸症候群ですが、睡眠中に気道が塞がり呼吸が止まってしまいます。この睡眠時無呼吸は、医学的には寝ている間の1時間に5回以上呼吸が止まったり、1回の睡眠で10秒以上の無呼吸が30回以上続く場合を言うそうです。また、睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や心不全、不整脈などの循環器疾患を合併する危険性が高くなり、日常生活にも支障を来すことがあります。

いびきの原因を睡眠姿勢を変えることで改善することができるかも

いびきをかく人は、喉が狭くなっていることが原因であるため、喉が狭くならないように眠ることで、いびきをかかなくなるようになるかもしれません。普段、仰向けに寝ている人は、横向きに寝たりうつ伏せで寝たりすると、いびきをかかなくなります。試しに横になって寝てみると、いびきをかかなかったという自覚はありませんが、熟睡感はあり、朝スッキリと目覚めることができました。

また、枕の高さを変えてみることでもいびきをかかなくなるかもしれません。いつも使っている枕を見てください。自分が頭を乗せた時に、首が曲がりすぎていませんか。これは枕の高さが高すぎるためです。枕の高さを低くして、さらに寝返りを打った時に頭が一緒に左右に動くことができる位の柔らかさと大きさが必要です。人は寝ている時に必ず寝返りをうちます。寝返りをうたないで寝ていると疲労が増大してしまいます。

あと、夜寝る前に飲酒を控えることです。お酒を飲むことでアルコールによる筋肉の弛緩によって喉が狭くなっていびきをかいてしまします。また、睡眠薬などを服用を止めましょう。睡眠薬はアルコールと同様に筋弛緩の作用があるため、いびきの原因になります。そして生活習慣の中では、ストレスや疲労を溜めないということもいびきの改善につながります。そもそも肥満体型の人はいびきをかきやすくなりますので、ダイエットも良い改善方法です。

cpap

いびきの原因の睡眠時無呼吸症候群を100%改善する医学的治療法 CPAP(シーパップ)をご存知ですか?

上の絵にもあるような鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって、気道にある一定の圧力をかけて気道を広げる方法で、無呼吸状態を回避する機器です。ほぼ100%の患者さんが無呼吸状態から解放され、睡眠状態がよくなることで朝の目覚めが良くなります。ただ、このCPAPの機器を外してしまうと元の状態に戻ってしまうため、継続的に使用しなければ睡眠の質を維持することができません。

それではどのようにすれば、このCPAPを使用することができるのでしょう。まずは、セルフチェックです。眠っている時に、いびきをかく、息が止まる、呼吸が乱れる、息が苦しくて目が覚める、何度も目を覚ましてトイレにいく。さらに、日中、起きている時に、しばしば居眠りをする、記憶力や集中力が低下する、性欲がなくなる、性格が変化する、体を動かすときに息切れする、一つでも当てはまるものがあれば、一度受診してください。

受診をする前に、睡眠時無呼吸症候群のセルフチェックをすることができます。それが眠気の評価(ESS)です。これは、日中の様々な場面で眠くなる状態を数値化してチェックします(SASnet:眠気の評価)。そして、このセルフチェックで日中の深い眠気があるとなると、今度は自宅でできる簡易スクリーニングです。これは、鼻に管を通しての呼吸センサーと指で酸素濃度計を装着して一晩寝て検査ができます。

CPAP(シーパップ)を保険適用して睡眠時無呼吸症候群を治していびき改善

この簡易スクリーニング検査で無呼吸症候群の可能性が高いと判断された場合には、病院に一晩泊まって終夜睡眠ポリグラフという検査を行います。眠っている間の脳波や呼吸、眼球の動き、筋肉の動きなどを記録して、睡眠状態状態を調べます。この検査は、一晩病院に泊まらなくてはならなので、忙しい社会人にはなかなかできることではありませんが、自覚症状がある人は、一度調べてみる必要があります。

実施に無呼吸症候群と診断された場合、CPAP療法を始めていきます。これは毎日続けていくことで効果が現れ、いびきをかかなくなり、夜に起きることもなく、目覚めも良くなります。CPAP療法は継続することが一番大切です、と至る所に書かれてありました。一度止めてしまうと、元のように無呼吸症候群でいびきをかくようになります。また、CPAP療法は、月に1回の受診が義務付けられています。

それでは、実際の費用はどれ位かかるのでしょうか。簡易スクリーニング検査は、3000~4000円(3割負担)、終夜睡眠ポリグラフ検査は、病院により異なりますが、15000~50000円(3割負担)で、この金額の幅は、病院の入院にかかるベッド代、個室料金などの差です。そしてCPAP療法ですが、CPAP機器はレンタルで、月1回の受診を含めても5000円(3割負担)前後ですが、継続的な使用を考えると、年間で60000円、5年間で30万円と考えるとちょっとお高い気もします。

【いびき対策】自宅でできる睡眠時無呼吸症候群の検査キット、その結果

熊谷章洋という方が実際に睡眠時無呼吸症候群の検査キットを取り寄せての結果をYouTubeにアップされていましたので、ご紹介します。

疲労回復CPAP(東京疲労睡眠クリニック)使用方法

さらに、「疲労回復CPAP」使用説明ビデオもYouTubeにアップされていましたので、ご紹介します。

まとめ

いびきをかく原因に無呼吸症候群がありますが、これはちゃんと病院で検査を受けましょう。その結果、無呼吸症候群と診断された場合、CPAP療法が始まります。これは継続的に行わなければなりませんが、このCPAPを装着しての睡眠は、目覚めの良い睡眠になります。保険適用されているので月額5000円の出費は必要ですが、日々の日常生活の質、さらには睡眠の質を向上させるためにも必要な療法です。

セルフチェックで疑わしいな、と思った方は、簡易スクリーニング検査から。眠っている時に、いびきをかく、息が止まる、呼吸が乱れる、息が苦しくて目が覚める、何度も目を覚ましてトイレにいく。さらに、日中、起きている時に、しばしば居眠りをする、記憶力や集中力が低下する、性欲がなくなる、性格が変化する、体を動かすときに息切れする、一つでも当てはまるものがあれば、一度受診してください。

【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】いびきがひどくて無呼吸症候群かも?検査してみたら・・・

%e7%84%a1%e5%91%bc%e5%90%b8%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4

53歳自営業。男性。小さい頃は鼻が悪くて口呼吸で母によく怒られました

小さい頃から、鼻の病気かと思って耳鼻科通いを続けても原因が分からないまな

私は小さい頃からいびきをかいて寝ていたらしいのですが、自分では本当にいびきをかいているのか、という自覚はありませんでした。鼻が悪く、いつも口を開けている子供で、母からはいつも、口をつぼめなさいと怒られていました。でも子供でしたので、ついつい口が開いていました。

小学校5年生の時だったと思いますが、アドノイドというものを取る簡単な手術をしました。いつもの耳鼻咽喉科で診察いすに座ったまま、管子のようなもので喉の奥まで突っ込んで、何か変なものを取りだしました。先生はそれを見せてくれたのですが、痛かったので訳が分からない状態でした。

そのアデノイドを取ったからと言って、何ら症状は変わりはなく、いつもと変わらない生活を続けていて、違う耳鼻咽喉科に行くと、今度は蓄膿症の初期と言われて毎日その病院に通うことになりました。先生が鼻の奥にお薬を塗った後、ガラスでできた機器で両鼻に装着してお薬を吸入するやつ、耳鼻科に行ったことがある人はご存知のアレです。

いくつは耳鼻科を変えてみても、蓄膿症の治療はどこも同じ

毎日耳鼻科に行っても同じことをやっていても、何も変わらなかったこともあり受診を止めました。その後は、鼻づまり、鼻水、時々黄色い、そして頭痛もありましたが、原因が分からないまま何十年もそのままにしていましたが、社会人になり、同じ症状の先輩からの紹介で会社近くの耳鼻咽喉科を受診することになりました。

耳鼻科に行くと、まずレントゲン写真を撮られて、少し白い部分が見れるので蓄膿症の治療をしていきましょうと言われ、子供の頃と同じ治療をしましたが、忙しいのと面倒なので同じことをやっても治るわけない、と自分で決めつけてしまい、2~3回で耳鼻科に行くのを止めてしまいました。今思うと、もう少し続けていればよかったのにと後悔です。

子供の頃とは違って、自分が口を開けていることを自覚して、おかしな顔になっていることも分かるので、気づくとしっかりと口を閉じている自分がいました。しかし、蓄膿症なのかな?という不安は時々ありました。そんな時、いびきをかいている事が鼻が原因だけではないという衝撃的な事実を知りました。それが無呼吸症候群です。

一晩に20回以上呼吸が止まっている無呼吸症候群の治療にはシーパップという機器が最良らしい

インターネットで無呼吸症候群の事を調べて、シーパップという機器が安く買えるというサイトを見つけて、申し込んでみたのですが、医師の処方箋が必要なことを知りました。面倒だとそのままにしていましたが、ある日、いつもの病院に行った時に無呼吸症候群のポスターが待合室に貼ってあったので先生に相談しました。

先生は、簡易的な検査ができる装置があるから、それを一晩つけて寝てみてくださいとのことで、酸素マスクみたいなのを装着して、指に洗濯バサミみたいなのを挟んで寝ました。それには色々なデーターを集積しておくことができ、先生の所に持っていき専門の機関からの検査結果を1週間後位だったと思いますが、もらいに行きビックリでした。

寝ている間に20回以上も呼吸が止まっていて、1回の時間が2分近く止まっていることが分かったのですが、もっと詳しく調べるために大学病院の紹介状をその場で書いてくれました。が・・・。一晩病院に泊まらなくちゃいけないし、面倒だと今もまだ検査に行っていません。なので、夜中に呼吸が止まっているだろうとは、いつも思いながらも寝て、起きて、熟睡感がないままです。