睡眠時無呼吸症候群の私、原因疾患は?肥満・加齢・鼻炎!1年間cpap(シーパップ)を使ってみての感想は?

睡眠時無呼吸症候群と言われて

およそ1年前位になるか、1泊2日で検査をした結果「睡眠時無呼吸症候群」との診断を受けました。

睡眠中に1時間に10回も無呼吸状態になっている、2分近く呼吸をしていない。それは死んでしまうではないか!と心配が増大しました。

cpap(シーパップ)って?何?

そもそもcpap(シーパップ)って何。名前は聞いたことありましたが、どんな装置なのかはしることすらありませんでした。

業者がテイジンというと、人工呼吸器を取り扱っている業者だな~位でした。酸素吸入でもするのかな?寝ている間に大変だなと思っていましたが、実際に業者さんが持ってきたくれば装置は、寝ているときにマスクを装着して自動的に空気(ただの空気)をのどにお繰り込むだけ。

CPAP本体

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群の原因には、
1.肥満による首周りへの脂肪の沈着
2.扁桃肥大
3.鼻の通りが悪い
4.舌が大きく気道をふさいでしまう
5.顎が小さい(小顎症)

私の原因 肥満

統計によると、睡眠時無呼吸症候群の人の半数が肥満。睡眠時無呼吸症候群に肥満が合併する確率は75%と高くなっています。
そして、肥満の人が減量すれば、無呼吸を25%も減らすことができます。

私の原因 加齢

生活習慣病は年齢を重ねてくるといましたが、いろいろな病気の原因となり命とりになりかねません。それに加えて睡眠時無呼吸症候群もあると生活に支障をきたしてしまいます。

加齢は仕方のないことなので、リスクとなる睡眠時無呼吸症候群を軽減することようにしましょう。

私の原因 鼻炎

鼻づまりはアレルギー性鼻炎をはじめ、さまざまな原因によって起こります。この鼻づまりが長引くと「口呼吸によるのどの乾燥」「頭痛」「集中力・注意力の低下」「いびき」「睡眠障害」など生活の質(Quality of life : QOL)に悪い影響を及ぼします。

まとめ

現在、睡眠時無呼吸症候群の治療にcpapで日中の眠気もなくなり、睡眠時間も十分にとれるようになりました。1か月に1回の受診では、無呼吸状態も1時間に1回位に軽減しています。

年をとっていくのは仕方のないこと。治療を続けていって命の危険を軽減しているという実感の毎日です。