【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】CPAP治療2日日は完全攻略?した話

CPAP本体

初日は、CPAPを30分で外してしまい治療が出来なかった教訓を生かして、慣れるためにも我慢してみようと思いましたが、我慢せずに睡眠中ずっと装着することができました。そこで、約6時間の睡眠中のCPAP治療の様子をお話しします。

CPAPの実物はこんなもの

本体
CPAP本体

チューブ+マスク

鼻マスク

ご覧のようにコンパクトな機器になっているので、私はベッドでなく床に布団で寝ているので枕元に設置しています。チューブも長さ2mあるので、寝返りも問題なくできます。

鼻マスクは、鼻の形をしているので、すっぽりと鼻に収まり、起きた時に跡がついちゃうんじゃないかな、と心配でしたが、柔らかいシリコン製なので、翌朝起きても跡になっていませんでした。

CPAPに慣れるのに2日でOK-1

睡眠時無呼吸症候群の治療2日目。CPAPの装着は違和感がなくそのまま寝ていました。やはり空気の圧はかなりのものを感じていましたが、さっ、寝るぞ~と決めたら眠りについていました。

その間のことは、まったく覚えていない位熟睡をしていました。まぁ、CPAPを装着しないで寝ている時も熟睡感はありましたが、検査の結果を聞くと、ほとんど熟睡できていなかったことを知りました。

平均して60分間に無呼吸状態が43回も起こっているなら、睡眠の3分の2は良い熟睡ができていないのです。そして、1回の無呼吸状態が最大70秒もあるなんて、起きている時でも60秒も息を止めておくことができないのに、寝ている間に70秒も息が止まる・・・怖!!

4時半頃に物音で目が覚めた時も、しっかりとCPAPを装着していました。以前ならトイレに行きたくて目覚めて、トイレでもおしっこの量が半端なく多かったのですが、今日は、トイレに行きたいとも思いませんでした。

CPAPに慣れるのに2日でOK-2

目が覚めたので試しに1度、CPAPの電源を切ってみたのですが、再始動させても「あれ~?」動かないぞ。そうなのです。こんな時間にサポートセンターはやっていないし、どうしようか?そのまま、寝てしまおうかと思いながら、機器をONにしてもすぐに切れてしまい、どうしたのかな?

部屋の電気をつけて、取扱説明書を取り出して良く読んでみたのですが、途中で止めて再始動できないというトラブルが書いていないのです。思うまま機器をいじっては、ON/OFFの繰り返し。何度かやっているうちに空気が出てきたので、鼻マスクを再び装着して眠りの体勢に入りました。

なんやかんやで30分位かかってしまいましたが、次目が覚めたのは8時でした。7時15分から目覚ましをかけて、10分おきに再び目覚ましが鳴る設定にしているにも関わらず、8時まで熟睡していました。住まいの階下が職場なのでゆっくりしても大丈夫なのですが、良く寝たなと感じました。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療2日日。装着感は慣れたというか、あまり気にならないのでしょう。朝まで鼻マスクがずれることもなく、跡がつくこともなく、無事2日目終了です。

2日目の治療が終了し、その日の日中の眠気があるか、ないか、しっかりと熟睡できていれば効果があったことになります。また、昼間の様子は次の機会にお伝えします。

睡眠障害を改善して熟睡する方法


【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】CPAP治療初日に使用方法の説明を受けた話

睡眠時無呼吸症候群が重症状態でしたので、本日メーカーの「帝人」さんが家に来てくれて、CPAPの使い方を教えてくれました。装置などは、自分でYoutubeなどで前もって見ていたので大体のことは分かりましたが、最近は、だいぶん軽量化されてコンパクトになっていました。

CPAPに慣れるのに3週間はかかる

睡眠時無呼吸症候群の動画などを見ていて分かっていましたが、酸素マスクのようなものを鼻に付けて、ヘッドギアみたいなものを頭から巻いて、CPAPが外れないようにガッチリと固定されてしまうことで、睡眠の邪魔になってしまうので、慣れるのに3週間~1か月はかかるとの事でした。

なかなか最初は慣れないので、寝る時に装着して違和感があれば30分程度で外しても構わない。まずは、CPAPを着けることに慣れるのが先決で、このCPAPはダメだ!といってすぐに投げ出していたのでは、睡眠時無呼吸症候群の治療ができないのです。

それなので、帝人の方は、日中に仕事をしている時にもCPAPに慣れるために着けておいて、昼寝をする時もCPAPを付けて習慣化できるように努力をしてください、と言われました。

CPAPを実際に装着して睡眠できるか?

帝人さんからCPAPの説明を受けた夜、寝る前に鏡とにらめっこしながら、鼻にチューブとヘッドギアを装着してスイッチオン!すると、鼻に繋がれているチューブから、空気がドーっと流れてきました。自分が想像していた流量よりもかなりの勢いで空気が流れてきまいした。

そうです。CPAPは、外気を取り入れて圧縮した空気を鼻に送ることをしてくれます。日中の帝人さんの説明では、空気の圧力のレベルが4~30まであって、私の場合は、レベル8と担当の医師の指示があったと言っていました。

口をつむんでいる時は、空気の圧力は感じますが違和感はあまりありませんでしたが、ちょっと口を開けると、鼻から喉、口へと空気が流れて、変な表現になってしまいますが、口から空気を噴出しているような感じになりました。

口を開けたり、つむんだりして、どんな感じかという程度にしていましたが、いざ、寝ようとしましたが・・・。

CPAPを30分で外してしまった初日

ヘッドギアで頭が締め付けられているのと、鼻に器具を装着している違和感から、寝ようとしてもなかなか寝入ることができないまま、ちょこっと眠ったかなと思ったら、やはり違和感からなのか目が覚めてしまいました。

とにかく慣れなくちゃと思いながら、もう一度寝る努力をしましたが、やはり違和感でダメでした。だいたい30分位経ったと思いますが、CPAPを外して、機器の電源を切ってしまったら、寝る努力もしないで寝入ってしまいました。

とりあえず、睡眠時無呼吸症候群のCPAPの初日使用は失敗に終わりました。説明をしてくれた帝人さんも慣れない人は、本当に時間がかかり3週間位過ぎれば、慣れます・・・慣れてくださいと言われました。

CPAPを使うお相撲さんの話

睡眠時無呼吸症候群は、肥満の人に多いということで、お相撲さんのCPAPの話を帝人さんから聞きました。やはり、お相撲さんは使っている人が多く、太っていることでいびきをかいている人も多い。そうすると口を開けて状態になってしまうので、口の奥に行かせるべき空気の圧が口から出てしまうので、口に絆創膏を貼ったりもしているそうです。

私は肥満体系ではありませんが、睡眠時無呼吸症候群の重症患者です。そして、いびきもかく人なのでもう少しCPAPに慣れてきたら、口に絆創膏でも貼って空気が逃げないようにしようと考えています。

せっかくCPAPで空気を送っているのに、口から空気が逃げてしまうのでは治療の効果が低減してしまいます。実際に30分程度しか初日は使っていませんが、それは実感として感じました。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群のCPAPの治療は、まず機器に慣れることです。初日は全くダメでしたが、今晩が2日目になりますので、少し我慢をしてみようと思います。CPAPを装着した状態で、良く眠れるようになれば、症状も改善することでしょう。

そうです。CPAP治療を始めて、初日から効果が出たという人もいるそうですし、治療を始めて症状が改善されたことで、高血圧が治ったり、心疾患のリスクも軽減したとの話も聞きました。

初めて呼吸器内科を受診した時、先生が言っていました。睡眠時無呼吸症候群は、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクがとても高いから、しっかりと検査をして、治療をすることで以前のような健康体に戻すことができるからと話していましたので、期待しています。

また、2日目以降のCPAPの使用状況を順次お伝えしていきますので、お楽しみに。

【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】検査の結果は、最重症でした。cpap?

2月1日に行った睡眠時無呼吸症候群の検査の結果を2月10日に聞きに行ってきました。どうなのかな?と思いながら診察に入って先生からの検査結果を聞いて、唖然!!としました。

睡眠時無呼吸症候群の検査入院の結果

重症よりもひどい、との事。無呼吸低呼吸指数(AHI)という数値が、1時間当たりの無呼吸と低呼吸の回数の分類で、軽傷は、5~15回/時、中等度は、15~30回/時、重症は、30回/時以上との基準値が示されていますが、私の数値が、41.3回/時でした。

1時間当たり、41.3回も無呼吸・低呼吸の状態になっている。そして、全睡眠時間(325.5分)の内、224回も無呼吸・低呼吸があり、最も長い無呼吸・て呼吸時間が、69.5秒。そして、睡眠中の血中酸素飽和度が87%まで低下していたそうです。

無呼吸状態なので、酸素飽和度が下がるのは当たり前の症状ですが、それだけ体に酸素が行っていないという事で、身体にはだいぶん悪いことですね。早速、シーパップの手配をしました。3~4日後に業者より直接連絡があり、使い方などの説明があるようです。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法

先生が説明するには、治療法の1つは、喉チンコを切除する方法、2つ目がマウスピースを作って寝ている時に顎を少し前に出す方法、そして、シーパップだ。私の場合は、シーパップでの治療を開始することになりました。

上の絵にもありますが、寝ている間中、酸素マスクみたいなものを装着しておかなければならないので、慣れるまでに3週間~1か月はかかるけれども、慣れてもらわないと治療ができないからと脅かされました。

実際には、来週早々には業者から連絡があり、シーパップの治療を始めることになります。以前から気になっていて、ユーチューブなどを見てはいましたが、現実問題になるとは思いもしませんでした。

シーパップで睡眠時無呼吸症候群の治療

きっと、こんな感じでシーパップを装着して寝るようになるのだと思います。口にマスクをして、キャッチャーマスクみたいなもので固定して、違和感だらけに思うのですが、慣れないといけませんね。

そして、先生からは良い話もありました。シーパップを装着して寝ると、早い人はその日の内に効果が出るそうで、それを期待してはいるのですが、如何せん、生まれて初めての体験なのでどうなることか、不安と期待が入り混じっている今日この頃です。

来週には、実装することになりますので、またご報告しますね。

睡眠障害を改善して熟睡する方法


【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】いびき対策グッズのランキングを調べてみた「CPAP治療」が一番?!

いびきの原因は人それぞれです。なぜ、いびきをかくのか?いびき対策のグッズはないのか?ちょっと調べてみると、たくさんのいびき対策グッズがありました。ここにランキング形式で、値段の高い商品のランキングを表記します。

携帯用睡眠時無呼吸症候群検査装置

 

呼吸・呼吸努力・いびき・SpO2・脈拍数・体位・体動の7項目について、あなたが寝ている間に自動的にデータを入手してくれます。

寸法・重さは、W112×H33×D55(mm) 80gです。

【新品・正規品】【送料無料】スマートウォッチ(Smart Watch) PMP-300E パシフィックメディコ【携帯用睡眠時無呼吸検査装置】

【睡眠分析・睡眠時無呼吸症候群対策・サチュレーションモニター・SPO2・酸素飽和度・動脈血中酸素飽和度・SAO2・ミラー式プローブ】

【メーカー/販売業者】 パシフィックメディコ株式会社

【区分】日本製/医療機器

寝たままでらくらく簡単!高さ調節! 至極 睡眠力まくら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

〔至極 睡眠力〕●ブルー
価格:29160円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)

 

寝ながら高さを簡単調節
理想のカーブで首を支えます。

首素材は、湯の花テラシート。
中わた素材、テイジンテトロン。
カバー素材、AsahiKASEIのベンベルグとテクノファイン。

サイズ:約横55cm×縦34cm
重さ:約1kg

メーカー:株式会社YUNOHANA
販売者:テクニカルブレーン株式会社

安眠のための横向き寝枕「スリープバンテージ」

 

フランスベッド スリープバンテージピロー ピンク ×8個

・安眠のための横向き寝枕「スリープバンテージ」
・頭・首・肩・背中をしっかりサポート。正しい姿勢で眠れ、いびき対策にも。
・頸椎から脊椎のS字をキープし身体への負担を軽減します。
・背骨が床面と並行になり、ムリの無い自然な寝姿勢がとれます。
・正しい寝姿勢で肩の位置をキープし、肩への負担を軽減します。
・ロングテイル部分を前に使うと「抱きまくら」にもなります。
・身体へのリスクを軽減する「半うつぶせ寝姿勢」が楽にとれます。

サイズ:奥行き55x幅42x高さ13.5(cm)

【発売元】フランスベッド

いびき対策用品「Somnofit-S ソムノフィットS」

 

ソムノフィットSは、睡眠中のいびきを軽減できるマウスピースです。

歯形に合わせてマウスピースを自分でつくるキットです。

材質:合成樹脂

幅72×高さ30×奥行48 mm

本体 19g

まとめ

いびき対策グッズのランキングを調べてみた「CPAP治療」が一番?!をお伝えしました。私自身が、睡眠時無呼吸症候群でもありいびきも書いていました。今は、CPAPのお世話になっています。毎晩、寝る時にCPAPを装着して寝ています。

自分では分からないのですが、いびきをかなり軽減したと妻がいっていました。自覚症状としては、昼間の眠気がかなり軽減し、昼寝が常用になっていた日々とはさようならができました。そして、血圧も約10程度ですが、上下ともに下がり健康状態を取り戻せたのかも知れません。

スポンサーリンク



【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】検査 1泊してきました。シーパップ(cpap)?

2017年2月1日 1泊2日で睡眠時無呼吸症候群の検査入院に行ってきました。入院での検査がどのようなものだったか、実際をお話していきます。

睡眠時無呼吸症候群の検査入院のための検査

実際の無呼吸症候群の検査は、午後7時から翌午前6時まで装置を装着して、実際に寝ている様子を見るという事なのですが、事前検査のため、午後2時には病院に行かなければなりませんでした。

まずは、血液検査のための採血。次に、胸部レントゲン。最後に、心電図の検査をして、午後3時には入院手続きのため、窓口に行きました。無呼吸症候群の検査は、個室で行われるため、15階の個室に入院することとなりました。

睡眠時無呼吸症候群の検査までの時間

病室に入ると、たくさんの検査機器が置かれていました。後から聞いたのですが、無呼吸症候群の検査のための病室で、この病院に1室だけあるそうです。

そして、無呼吸症候群の検査頻度を聞いてみると多い時は、毎日のようにあるが、今月は1週間に1人だそうです。

看護師さんによる説明と、血圧・体温の計測。その後は、機器装着までの時間をボーっと過ごしました。午後6時には、夕食が出ました。

睡眠時無呼吸症候群の検査スタート

機器装着の予定時間が午後7時から午後8時に変更になり、それまでもボーとしていました。TVを見ているだけでしたが。

そして、いよいよ機器装着。若い女性の技師さんが来て、手・足・胸などに線でつないでいきました。

華奢な技師さんだったので、大変な作業だな。線が繋ぎ終わって、PCの始動をしたら・・・。検査のツールが動かない。技師さんは、色々と操作をしていましたが、動かず。

検査ツールのメーカーさんに電話をして来てもらうことに。午後11時頃になるとのことで、線をつながれたまま。ボーっとTVを見ながら待っていようかなと思いきや、寝ている時間の検査なので、寝るようにしてください。と言われたので、やむなくTVを消して、睡眠体勢に入りました。

が、普段は翌1時に眠りに入る人が、午後11時には眠れません。でも、寝なくちゃとウトウトしながら深夜0時。その間にメーカーさんが来たのか、来ないのか。他の部屋のPCでは、ちゃんと検査できているからと技師さんが、言ってきたので、安心して眠りにつけました。

睡眠時無呼吸症候群の検査の途中経過

ベッドサイドのテーブルの上にPCが置かれていて、そこからバッグのようなもの(検査機)から線が伸びていて体に繋がれていて、点滴をぶら下げて病院内を歩けるようなカートがあるのですが、PCからの線が長くないため、トイレに行くには、いちいち、線を外して検査中断をしなくてはなりません。

ナースコールで看護師さんを呼べばいいと言われましたが、いちいち呼ぶのも何かと、尿瓶で尿をたしました。久しぶりでした。

何度となく技師さんが部屋に来るので、その度に目が覚めてしまい、なぜか、その度に指のセンサーが外れていたのです。自分でもある程度の自覚はありましたが、やっぱり、寝相が悪いんだと思いました。

1時間おき位に技師さんがくるので、1時間ごとに目が覚めていましたが、最終的に、午前3時を最後に午前5時30分の「検査終了です」と言われるまで、寝ていました。実際に熟睡したのが、この2時間30分位でした。

睡眠時無呼吸症候群の検査が終わって

検査が終わると、体に繋がれていた線を徐々に外していきました。まだ5時30分だったので、シャワー室が使えず、またまた、TVをボーっと見ているだけ。

午前6時過ぎに看護師さんが来て、シャワーを浴びられるとのことで、浴室に行って、シャワーをしっかりと浴びました。体にセンサーをくっつけるための薬剤が、かっちりと付いていて、洗髪と洗身をしっかりと。

事前の話では、検査が終わったら帰っても良いとのことだったので、シャワーが終わったら朝食も摂らず、帰宅する予定でしたが、朝の採血と採尿があるから、と待たされることになりました。

夜勤の看護師さんたちは、起床介助や朝のトイレ介助などで忙しく、一段落しないと、来てくれませんでした。
結局、午前7時過ぎに、採血・採尿が終わり帰ろうとしたら、検査のための尿が10ミリ足りないからもう少しお願いしますと。

さっき、おしっこしたばかりなのに・・・。仕方なく、ペットボトルの水を飲んで、30分待機。午前7時30分、最期におしっこを絞り出して「OK」。やっと病室を出ることができました。

最後に、入院費用の支払いをと思い、精算機に行くと動いていなくて、夜間の窓口が救急の窓口とのことで、そこまで行き精算を済ませ、
やっと退院の運びとなりました。

検査の結果は、翌週の2月10日(金)、また、結果報告します。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群ではないか、とある程度の自覚がありながら、実際に検査をするまでに数年が掛かりました。仕事をしていて、1泊2日の泊りでの検査入院は、難しかったのです。

任せられるスタッフができ、やっとの思いで検査でした。重い腰を上げられたのには、理由がありました。

日中の眠気が激しくなり、昼寝を2時間位しても夕方眠気が出るのです。仕事面では、任せられるスタッフがいるので、私的に休養を取りながらでしたが、1か月に1回しか行きませんが、かかりつけ医に相談して、決断しました。

なかなか仕事をしながらの検査入院は、難しいですね。でも、無呼吸症候群だと検査結果が出れば、何らかの治療が始まり、もっと楽になるだろうとの期待も大きいです。

関連記事
睡眠時無呼吸症候群を完治する治療法はあるの?シーパップが効果あり
睡眠時無呼吸症候群の治療を実際に受けるために検査入院に行ってくる

睡眠障害を改善して熟睡する方法

【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】完治する治療法はあるの?シーパップ(cpap)が効果あり

私は、以前に実家に行った時に昼寝をしていると、父から寝ている時に呼吸してないぞ!と言われた愕然としました。いびきをかくことは小さい頃から自覚していたのですが、まさか、寝ている時に呼吸してないなんて。

これが、睡眠時無呼吸症候群のなんだと思い色々と調べ始めていくと「シーパップ」という器具を装着して寝ると無呼吸状態から解放されるということを知り、情報収集に努めました。

しかし、睡眠時無呼吸症候群の治療である「シーパップ」は、医師の診断がなければ導入することができないことを知り、これまた愕然としました。それでは、どのようにして睡眠時無呼吸症候群を完治させる治療法があるのかについてお話していきます。

睡眠時無呼吸症候群の定義

日本には、この睡眠時無呼吸症候群の潜在的患者数が300万人もいるそうです。睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく、睡眠時に呼吸が止まっている病気のことです。

医学的な定義 = 無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
※無呼吸とは、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状

寝ている時

いびきをかく

いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる

呼吸が止まる

呼吸が乱れる、息苦しさを感じる

何度も目が覚める(お手洗いに起きる)

起きた時

口が渇いている

頭が痛い

熟睡感がない

身体が重い

起きている時

強い眠気

だるさ、倦怠感

集中力が続かない

睡眠時無呼吸症候群を完治する治療法はあるの?

睡眠時無呼吸症候群の治療方法には、症状を緩和させる治療と、根本的に症状を取り除くものがありますが、それぞれの状態に合わせて最適な治療方法が選ばれます。睡眠時無呼吸症候群になる原因や重症度により選択されます。

睡眠時無呼吸症候群の代表的な治療方法

ここで紹介する治療方法は、代表的なもので、対処療法としての「CPAP(シーパップ)治療」、「マウスピース」と根治療法としての「外科的手術」についてお伝えします。

CPAP(シーパップ)療法

閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。

CPAP(シーパップ)療法とは、装置を使って気道に空気を送り続けて気道を開けたままにしておくというものです。酸素マスクのようなものを付けて空気を送り込むのです。なお、CPAP(シーパップ)装置は保険がきき、装置はレンタルという形で貸与されまる。

マウスピース

マウスピースで下顎を上顎あごよりも前に出すように固定させることで上気道を広く保つようにすると、いびきや無呼吸の発生を防ぐことができます。マウスピースや口腔内装置を作り慣れている専門の歯科医に製作してもらうようにしましょう。

外科的手術

この治療法は、軟口蓋(のどちんこ)の一部を切除する手術法がよく知られています。睡眠時無呼吸症候群の原因がアデノイドや扁桃腺肥大の場合は、摘出手術が有効な時もあります。

しかし、治療効果が不十分だったり、再発することも多くあるとの情報もあります。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群を完治する治療法はあるの?シーパップが効果ありという内容でお伝えしましたが、完治というのはなかなか難しいことがお分かりいただけたと思います。よって、無呼吸症候群と長くお付き合いをすることにはなりますが、CPAP(シーパップ)療法やマウスピースなどが治療方法(対処療法)としては、一般的です。

CPAP(シーパップ)療法は、保険適用なので3割負担でレンタルができますので、費用的にも安く済むと思います。ただ、月に1回、受診をしなければならないという面倒さは否めません。

睡眠障害を改善して熟睡する方法

【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】実際に受けるために検査入院に行ってくる-シーパップ(cpap)?

長年、私は睡眠時無呼吸症候群を疑っていました。そこで、3年程前にかかりつけのお医者さんに相談して簡易キットで寝ている時の呼吸状態を調べてもらいました。本来なら、1泊入院して無呼吸症候群の検査をしなければいけないのですが、仕事の関係で1泊することができず、簡易キットを希望しました。

夜寝る時に、酸素マスクみたいなものを鼻と口を塞ぐ感じで付けて、指先には酸素飽和度測定器をつけて一晩過ごすと、データーが集積されるのです。これをかかりつけ医に持ち込んで、専門の業者の解析結果を後日聞きに行ったところ、60分間に10回以上「無呼吸」になっていて、さらに、1回は120秒間も無呼吸になっていたのです。

無呼吸症候群の本格的な検査

簡易キットの検査で、上のような結果がでたため、先生から本格的な検査をするように言われ、大学病院への紹介状を書いてもらいました。が、仕事の関係でそのままにしてました。2年位前の検査後、あまり体調不良もなかったので放置していました。

そうする中、最近になって日中の睡魔が酷くなり、再度かかりつけ医の先生に相談したところ、しっかりと検査を受けて治療をしないと命に関わるからと脅されました。本格的な無呼吸症候群の検査の始まりです。

大学病院の呼吸科受診に行ってきた

紹介状を手に、大学病院の呼吸科を受診に行き、1時間半も待たされて診療室に入って担当の先生とお話をしたところ、ご存知だと思いますが、と言われ、1泊の入院が必要です。無呼吸症候群の検査なので、個室になります。と1週間後の入院日が決まりました。

診療室を出て、次は入院の説明窓口に行き、入院時の説明と入院日までにやることを言われました。
1 入院申込書
2 患者情報 Ⅰ
3 患者情報 Ⅱ
4 栄養評価に関する質問票
5 患者さんの権利・個人情報に関するお知らせ
6 入院中のパソコン使用に関するお願い
そして、「睡眠日記」


1 何時に寝て起きたかを矢印(←・→)で表記
2 夜中に起きた回数を記載
3 昼間の眠気を〇印で記載
4 入院日前2週間分を記載

私の無呼吸症候群の検査は、10日後だったので、「睡眠日記」をすぐに書き込みました。すると、確かに自覚はしていましたが、表にしてみると一目瞭然で、夜の睡眠時間はしっかりとれているのに、昼間の眠気が毎日あるのです。

これは、夜間の睡眠の質が悪いのです。無呼吸状態が頻繁に起こっていることが想像でしますね。色々と心配してしまうことですが、本チャンの検査入院が1週間後に迫っています。

まとめ

まだ、入院の準備期間なのでゆったりとはしてみますが、毎日、無呼吸状態で寝ている怖さが実感してきました。1泊して夜間の睡眠の実態が暴露されるという不安もありますが、結果が出れば治療もできることになります。

治療では、シーパップという器具を装着して毎日睡眠を取ることになりますが、無呼吸状態が軽減すれば、睡眠の質も良くなり昼間の睡魔もなくなり、健康状態が取り戻せるかもと期待しています。

次回は、本チャンの無呼吸症候群の検査入院のお話をしますね。

睡眠障害を改善して熟睡する方法

【ナステント】いびき・睡眠時無呼吸対策なら『ナイツのHIT商品会議室』で紹介されました!

ナイツのHIT商品会議室 #301-1 【ナステント】

睡眠時無呼吸症候群の潜在患者数は、治療が必要な重症度の方に限定しても300万人以上と言われています。また、日本における「いびきをかく人」は、約2,000万人いると言われています。

以下のようなお悩みのある方は、是非、【ナステント】をお試しください。
・いびきに悩んでいる
・睡眠時の無呼吸症状(睡眠時無呼吸症候群)に悩んでいる
・いびきがうるさいと家族に怒られたことがある
・日中ひどい眠気に襲われることがある、仕事の会議中寝てしまうことがある

【ナステント】でいびき対策

いびき、無呼吸症候群の症状を緩和できるように作られた医療機器「ナステント」で、
本格的ないびき対策してみませんか?
今なら、6本セットが半額で試せるキャンペーン実施中です。ぜひ試してみてください。
いびき対策グッズならナステント《今ならお試しセットが半額》


「イビキ」をご家族に指摘されたことはありませんか?
実は、そのいびき、カラダに何らかの不調が発生しているサインかも。
ナステントは、睡眠中の「いびき」を緩和できるように作られた手軽な新商品です。
いびき対策グッズならナステント《今ならお試しセットが半額》

いびきは、命に関わる危険信号

寝ている間に呼吸が止まる? 激しいイビキにご注意を!

イビキとは、簡単に言えば睡眠時に上気道が狭くなり、周辺の粘膜や粘液が詰まって音をたてている状態です。お酒を飲んだり、一時的な体調の変化で粘膜が腫れているような場合であればまだいいですが、加齢、肥満などで上気道が狭くなり、慢性的にイビキが続くような場合、睡眠中に何度も上気道が閉じている可能性があるため、とても危険です。

いびきをかいていた人が急に静かになったと思ったら、息が止まっていた・・・って経験、ありませんか?

「たかがイビキ」で寿命が縮まる!?

「睡眠時無呼吸症候群」の合併症リスク
・高血圧 ⇒ 最大2.5倍
・糖尿病 ⇒ 1.62倍
・ED(勃起不全) ⇒ 20%上昇

「激しいイビキをかく」「睡眠中に呼吸が止まる」などの症状が持つ人は、十分な睡眠が取れないため、日中の眠気や倦怠感、集中力の低下を引き起こします。疲労の回復も遅くなるため、自律神経にも影響を及ぼします。

さらには近年、いびきや睡眠時の呼吸と、生活習慣病との関連も明らかになってきています。睡眠中に呼吸が止まることによる血中酸素濃度の低下などから、身体に大きな負担がかかり、心臓や血管に関連する生活習慣病のリスクを高めてしまうのです。

全く新しい治療器具「ナステント」

1 鼻から挿入したチューブで睡眠時の呼吸をサポート

sec05_img02
ナステントは、シリコーン製の柔らかいチューブ状ものです。鼻から口蓋垂(のどちんこ)まで挿入することで、空気の通り道が確保できます。

空気の通り道を確保することで、「いびき」や「無呼吸」を回避することができます。それが、ナンテストです。

2 意外とすんなり入る!人肌に近いチューブの秘密

sec05_img04
ナステントは、人肌に近いシリコンゴムを主成分としていますので、最初は鼻の穴に入れるのに抵抗があるかも知れませんが、ほとんど痛みがはありません。慣れれば楽な、ナンテストです。

救急救命などのTV番組でもやっていますが、気道確保するということが命にとってどれだけ大切なことなのかを、ご存知のはずです。

3 細やかなフィッティングで自然な眠りを実現

sec05_img05
ナンテストには、一人一人の鼻の形状や症状に応じて、色々なバリエーションを揃えています。
・6つの長さ(120〜145mm)
・右鼻用と左鼻用(比較的通りのよい方に挿入)
・ソフトとハード(ハードは症状の強い方用)

自分に合った、適切なナンテストを使うことで、眠っている間も違和感を感じることはなくなります。

4 1回ごとの使い捨てだから、いつも清潔で安心

sec05_img06
ナンテストは、1回ごとの使い捨てですので、新鮮・清潔を常としています。また、鼻に挿入するための潤滑剤として、ハイドロジェットを塗布してありますが、健康には害がありませんのでご安心ください。


ナンテスト 6本セットのはじめ方を動画で説明

 

aa

まとめ

いびき・睡眠時無呼吸対策なら【ナステント】『ナイツのHIT商品会議室』で紹介されました!実は、私自身もイビキと無呼吸に悩んでいるところでした。そんな時に、この【ナステント】でいびき対策というTVを見て、とても簡単で楽な方法があったんだと知りました。早速、お試し6本セットを購入して、実際に付けてみて実感をお伝えしたいと思いますので、ご期待ください。

「首や肩の痛みを治したいと」心の底から思っているあなたへ

 

【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】昼間の眠気で生あくびが凄い 睡眠時無呼吸症候群という病気が原因? 

%e4%b8%8d%e7%9c%a0%e3%80%80%e5%a5%b3%e5%85%88%e7%94%9f

55歳男性 会社員。昼間の眠気が酷くて、何か病気ではないか心配です

電車の運転手さん 昼間の眠気でオーバーラン?

私は、毎日のように昼間、眠気が襲ってきます。大きな生あくびで周囲の目も気になります。仕事をしているので寝ることもできず、困っています。特に、夜寝るれていないわけではなく、朝起きた時の熟睡感もあります。こんな毎日で何か病気でもあるのか心配でたまりません。よく耳にする睡眠時無呼吸症候群かもとも思っています。

この間のニュースで、京葉線だったかの運転手さんが駅を100mも通りすぎてしまったというのがあり、運転手さんは眠気があったというコメントでした。さらに、その運転手さんは過去にも同じようなオーバーランを繰り返していたというではありませんか。JRもそこら辺のことちゃんとしていないのか。

人の命を預かる電車の運転手さんが、昼間の眠気でオーバーランしてしまうなんて、本来あったはならないことです。私はこのニュースを聞いた時に、運転手さんがひょっとしたら睡眠時無呼吸症候群なのかな~と思いました。私は昼間運転をする仕事ではないのですが、時々は取引先に書類を届けるために、車を運転することもあり、眠気が心配です。

昼間の眠気 睡眠時無呼吸症候群という病気が原因?

睡眠時無呼吸症候群というのは、寝ている間に呼吸が止まっているという症状のことで、本人に自覚がほとんどありません。私も自覚なしでしたが、実家に帰った時に父から言われたのです。「お前、寝てる時に息が止まったいるんじゃないか」と。私はハッとしました。寝てる間に息が止まってる!死んじゃうじゃん。

それまでは、いびきをかいていることは聞いていて自分なりには知っているつもりででしたが、睡眠時無呼吸症候群もかよって。そこで私なりにネットで調べてみたら、寝ている間に、いびきをかく、いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる、呼吸が止まる、呼吸が乱れる、むせる、何度も目が覚める(お手洗いに起きる)、寝汗をかくと書かれていました。

また、起きた時に、口が渇いている、頭が痛い、ズキズキする、熟睡感がない、すっきり起きられない、身体が重いと感じると、寝ている時も起きた時も、私の症状とほとんど一致しているではありませんか。また、起きている時に、強い眠気・だるさ、倦怠感がある、集中力が続かない、いつも疲労感があると。調べてみて確信しました。私は「睡眠時無呼吸症候群だ」と。

睡眠時無呼吸症候群という病気 自宅でできる対処法?

色々調べていくと、睡眠時無呼吸症候群の治療はシーパップという器具を装着して寝ることが一般的で、病院で検査して診断書があればその器具が保険適用をされるそうです。しかし、酸素マスクのようなシーパップという器具をいちいち着けて寝るのは面倒くさいので、何か自分でできる工夫なないのか調べてみました。

一つ目は、寝方を変えるというのがあり、仰向けになって寝ていると気道が狭くなっていびきもかくし、呼吸もしづらくなり無呼吸症候群に陥りやすいので、横向きになって寝ることで気道が狭くなるのを防ぐことができるそうです。しかし、私は寝相が悪く、寝入りの時に横を向いていても、いつの間にか仰向けで寝てしまうのです。

そこで一工夫が、枕の下に片側にタオルか何か入れて枕に角度をつけて、仰向けになりにくくするとず~と横向きで寝られると書いてありました。試してみましたが、やはり寝相が悪いので、いつの間にか枕から頭が落ちで布団の上で仰向けに寝ていました。もう一つが、鼻呼吸を習慣づけるというのですが、元々鼻が悪く、日中も口呼吸になっているので、これは難しい。

結論。私の場合、なかなか寝相が悪いので頭を横にして寝続けることができません。なので睡眠時無呼吸症候群の自宅でできる対処法は無意味でした。やはり、しっかりと専門医を受診して、何らかの方法で対処しないといけませんね。そう、寝ている間に呼吸をしていないんですからね。酸素が脳に行きわたらないんだから、寝ている間に脳が休息できていないので、昼間の眠気が生じてしまうのです。

睡眠時無呼吸症候群 いびきをシーパップで解消【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】いびきがひどくて無呼吸症候群かも?検査してみたら・・・

%e7%84%a1%e5%91%bc%e5%90%b8%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4

53歳自営業。男性。小さい頃は鼻が悪くて口呼吸で母によく怒られました

小さい頃から、鼻の病気かと思って耳鼻科通いを続けても原因が分からないまな

私は小さい頃からいびきをかいて寝ていたらしいのですが、自分では本当にいびきをかいているのか、という自覚はありませんでした。鼻が悪く、いつも口を開けている子供で、母からはいつも、口をつぼめなさいと怒られていました。でも子供でしたので、ついつい口が開いていました。

小学校5年生の時だったと思いますが、アドノイドというものを取る簡単な手術をしました。いつもの耳鼻咽喉科で診察いすに座ったまま、管子のようなもので喉の奥まで突っ込んで、何か変なものを取りだしました。先生はそれを見せてくれたのですが、痛かったので訳が分からない状態でした。

そのアデノイドを取ったからと言って、何ら症状は変わりはなく、いつもと変わらない生活を続けていて、違う耳鼻咽喉科に行くと、今度は蓄膿症の初期と言われて毎日その病院に通うことになりました。先生が鼻の奥にお薬を塗った後、ガラスでできた機器で両鼻に装着してお薬を吸入するやつ、耳鼻科に行ったことがある人はご存知のアレです。

いくつは耳鼻科を変えてみても、蓄膿症の治療はどこも同じ

毎日耳鼻科に行っても同じことをやっていても、何も変わらなかったこともあり受診を止めました。その後は、鼻づまり、鼻水、時々黄色い、そして頭痛もありましたが、原因が分からないまま何十年もそのままにしていましたが、社会人になり、同じ症状の先輩からの紹介で会社近くの耳鼻咽喉科を受診することになりました。

耳鼻科に行くと、まずレントゲン写真を撮られて、少し白い部分が見れるので蓄膿症の治療をしていきましょうと言われ、子供の頃と同じ治療をしましたが、忙しいのと面倒なので同じことをやっても治るわけない、と自分で決めつけてしまい、2~3回で耳鼻科に行くのを止めてしまいました。今思うと、もう少し続けていればよかったのにと後悔です。

子供の頃とは違って、自分が口を開けていることを自覚して、おかしな顔になっていることも分かるので、気づくとしっかりと口を閉じている自分がいました。しかし、蓄膿症なのかな?という不安は時々ありました。そんな時、いびきをかいている事が鼻が原因だけではないという衝撃的な事実を知りました。それが無呼吸症候群です。

一晩に20回以上呼吸が止まっている無呼吸症候群の治療にはシーパップという機器が最良らしい

インターネットで無呼吸症候群の事を調べて、シーパップという機器が安く買えるというサイトを見つけて、申し込んでみたのですが、医師の処方箋が必要なことを知りました。面倒だとそのままにしていましたが、ある日、いつもの病院に行った時に無呼吸症候群のポスターが待合室に貼ってあったので先生に相談しました。

先生は、簡易的な検査ができる装置があるから、それを一晩つけて寝てみてくださいとのことで、酸素マスクみたいなのを装着して、指に洗濯バサミみたいなのを挟んで寝ました。それには色々なデーターを集積しておくことができ、先生の所に持っていき専門の機関からの検査結果を1週間後位だったと思いますが、もらいに行きビックリでした。

寝ている間に20回以上も呼吸が止まっていて、1回の時間が2分近く止まっていることが分かったのですが、もっと詳しく調べるために大学病院の紹介状をその場で書いてくれました。が・・・。一晩病院に泊まらなくちゃいけないし、面倒だと今もまだ検査に行っていません。なので、夜中に呼吸が止まっているだろうとは、いつも思いながらも寝て、起きて、熟睡感がないままです。