【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】完治する治療法はあるの?シーパップ(cpap)が効果あり

私は、以前に実家に行った時に昼寝をしていると、父から寝ている時に呼吸してないぞ!と言われた愕然としました。いびきをかくことは小さい頃から自覚していたのですが、まさか、寝ている時に呼吸してないなんて。

これが、睡眠時無呼吸症候群のなんだと思い色々と調べ始めていくと「シーパップ」という器具を装着して寝ると無呼吸状態から解放されるということを知り、情報収集に努めました。

しかし、睡眠時無呼吸症候群の治療である「シーパップ」は、医師の診断がなければ導入することができないことを知り、これまた愕然としました。それでは、どのようにして睡眠時無呼吸症候群を完治させる治療法があるのかについてお話していきます。

睡眠時無呼吸症候群の定義

日本には、この睡眠時無呼吸症候群の潜在的患者数が300万人もいるそうです。睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく、睡眠時に呼吸が止まっている病気のことです。

医学的な定義 = 無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
※無呼吸とは、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状

寝ている時

いびきをかく

いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる

呼吸が止まる

呼吸が乱れる、息苦しさを感じる

何度も目が覚める(お手洗いに起きる)

起きた時

口が渇いている

頭が痛い

熟睡感がない

身体が重い

起きている時

強い眠気

だるさ、倦怠感

集中力が続かない

睡眠時無呼吸症候群を完治する治療法はあるの?

睡眠時無呼吸症候群の治療方法には、症状を緩和させる治療と、根本的に症状を取り除くものがありますが、それぞれの状態に合わせて最適な治療方法が選ばれます。睡眠時無呼吸症候群になる原因や重症度により選択されます。

睡眠時無呼吸症候群の代表的な治療方法

ここで紹介する治療方法は、代表的なもので、対処療法としての「CPAP(シーパップ)治療」、「マウスピース」と根治療法としての「外科的手術」についてお伝えします。

CPAP(シーパップ)療法

閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。

CPAP(シーパップ)療法とは、装置を使って気道に空気を送り続けて気道を開けたままにしておくというものです。酸素マスクのようなものを付けて空気を送り込むのです。なお、CPAP(シーパップ)装置は保険がきき、装置はレンタルという形で貸与されまる。

マウスピース

マウスピースで下顎を上顎あごよりも前に出すように固定させることで上気道を広く保つようにすると、いびきや無呼吸の発生を防ぐことができます。マウスピースや口腔内装置を作り慣れている専門の歯科医に製作してもらうようにしましょう。

外科的手術

この治療法は、軟口蓋(のどちんこ)の一部を切除する手術法がよく知られています。睡眠時無呼吸症候群の原因がアデノイドや扁桃腺肥大の場合は、摘出手術が有効な時もあります。

しかし、治療効果が不十分だったり、再発することも多くあるとの情報もあります。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群を完治する治療法はあるの?シーパップが効果ありという内容でお伝えしましたが、完治というのはなかなか難しいことがお分かりいただけたと思います。よって、無呼吸症候群と長くお付き合いをすることにはなりますが、CPAP(シーパップ)療法やマウスピースなどが治療方法(対処療法)としては、一般的です。

CPAP(シーパップ)療法は、保険適用なので3割負担でレンタルができますので、費用的にも安く済むと思います。ただ、月に1回、受診をしなければならないという面倒さは否めません。

睡眠障害を改善して熟睡する方法

【睡眠時無呼吸症候群の原因・症状と治療法】実際に受けるために検査入院に行ってくる-シーパップ(cpap)?

長年、私は睡眠時無呼吸症候群を疑っていました。そこで、3年程前にかかりつけのお医者さんに相談して簡易キットで寝ている時の呼吸状態を調べてもらいました。本来なら、1泊入院して無呼吸症候群の検査をしなければいけないのですが、仕事の関係で1泊することができず、簡易キットを希望しました。

夜寝る時に、酸素マスクみたいなものを鼻と口を塞ぐ感じで付けて、指先には酸素飽和度測定器をつけて一晩過ごすと、データーが集積されるのです。これをかかりつけ医に持ち込んで、専門の業者の解析結果を後日聞きに行ったところ、60分間に10回以上「無呼吸」になっていて、さらに、1回は120秒間も無呼吸になっていたのです。

無呼吸症候群の本格的な検査

簡易キットの検査で、上のような結果がでたため、先生から本格的な検査をするように言われ、大学病院への紹介状を書いてもらいました。が、仕事の関係でそのままにしてました。2年位前の検査後、あまり体調不良もなかったので放置していました。

そうする中、最近になって日中の睡魔が酷くなり、再度かかりつけ医の先生に相談したところ、しっかりと検査を受けて治療をしないと命に関わるからと脅されました。本格的な無呼吸症候群の検査の始まりです。

大学病院の呼吸科受診に行ってきた

紹介状を手に、大学病院の呼吸科を受診に行き、1時間半も待たされて診療室に入って担当の先生とお話をしたところ、ご存知だと思いますが、と言われ、1泊の入院が必要です。無呼吸症候群の検査なので、個室になります。と1週間後の入院日が決まりました。

診療室を出て、次は入院の説明窓口に行き、入院時の説明と入院日までにやることを言われました。
1 入院申込書
2 患者情報 Ⅰ
3 患者情報 Ⅱ
4 栄養評価に関する質問票
5 患者さんの権利・個人情報に関するお知らせ
6 入院中のパソコン使用に関するお願い
そして、「睡眠日記」


1 何時に寝て起きたかを矢印(←・→)で表記
2 夜中に起きた回数を記載
3 昼間の眠気を〇印で記載
4 入院日前2週間分を記載

私の無呼吸症候群の検査は、10日後だったので、「睡眠日記」をすぐに書き込みました。すると、確かに自覚はしていましたが、表にしてみると一目瞭然で、夜の睡眠時間はしっかりとれているのに、昼間の眠気が毎日あるのです。

これは、夜間の睡眠の質が悪いのです。無呼吸状態が頻繁に起こっていることが想像でしますね。色々と心配してしまうことですが、本チャンの検査入院が1週間後に迫っています。

まとめ

まだ、入院の準備期間なのでゆったりとはしてみますが、毎日、無呼吸状態で寝ている怖さが実感してきました。1泊して夜間の睡眠の実態が暴露されるという不安もありますが、結果が出れば治療もできることになります。

治療では、シーパップという器具を装着して毎日睡眠を取ることになりますが、無呼吸状態が軽減すれば、睡眠の質も良くなり昼間の睡魔もなくなり、健康状態が取り戻せるかもと期待しています。

次回は、本チャンの無呼吸症候群の検査入院のお話をしますね。

睡眠障害を改善して熟睡する方法

【枕が合わないおススメの向きと高さ】筋膜リリースのやり方と効果を本にした「自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド」

自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド

実績豊富な「筋膜博士・竹井仁」が、解剖学・生理学・運動学という医学的知識を基に書き下ろし。
科学的根拠の高い内容で構成されていますので、安心して取り組んでいただけます。

口コミレビュー

図解で分かりやすので、実施も簡単です。
やっている時にも効果の実感があります。
筋膜を伸ばすことが重要なんですね。
これは効きます。

写真や説明も多くて、分かりやすいです。
また、全身、肩こり、猫背、ストレートネックなど、
テーマ別の構成になっているので、使い安です。
姿勢の改善にもおススメです。

よかった
筋膜の凝りのほぐし方がのっていたのでためになる本です。

筋膜リリースとは?

筋膜リリースとは、筋膜を柔らかくしてスムーズに動くようにすることです。筋膜リリースを行うことで、筋肉の柔軟性・関節の可動域を拡大して、肩こり・首こりが解消されます。

筋膜リリースという言葉からもお分かりになると思いますが、「リリース」=正常な状態に戻すということです。

こわばり筋ほぐしとは?



同じ姿勢を長い時間続けていると、筋肉が強張ってしまい、固まってしまいます。そのため、肩こりや腰痛などが起きます。そんなこわばりを和らげる方法があるのです。

1日10分、こわばり筋を和らげることを意識して、ローラーをその部位に当ててあげるのです。そうすることで筋肉が柔らかくなってきます。そして、身体もそうですが、精神的にもリラックスできるのです。

気になる部位に転がすだけの部分やせメソッド

まとめ

筋膜リリースの方法と効果とこわばり筋ほぐしについてお話をしてきました。長年、肩こりに悩まされている方は、筋膜リリース体操を、強張った筋肉で肩こりが起こっている人は、こわばり筋ほぐしを実施してみてください。

思った以上に肩が軽くなり、肩こりからくる頭痛持ちの方は、とても楽になります。是非、お試しください。

スポンサーリンク



【睡眠障害睡眠不足・浅い眠り】キラメキの不眠症対策ツボ あなたの眠れない夜に効く2つの特効薬

夜眠れない、寝付きが悪いなど、不眠症に悩まされているあなたに朗報です。不眠症に効果のある「ツボ」があることを知りましたので、ご紹介します。私は不眠症というよりも、睡眠の途中で目が覚めてしまう「途中覚醒」という状態で、毎夜、必ず1回はトイレに起きます。これも不眠症と同じくらいに辛いですよ。

不眠症による体と心への悪影響は?

不眠症による体への悪影響の代表的なこととして、疲労感や怠惰感があります。そりゃそうですよね、しっかりと眠れていないので前日の疲労回復ができないんですから。不眠が原因で1日中、だるい、疲れた、眠いので、仕事にも集中することができませんし、効率も悪くなりますね。

私も日中にとてつもない睡魔に侵されることがあります。そんな時は、少し仮眠を取りますが、夜にまた不眠という状況が続いてしまうので、疲労が取れる日がありません。あなたはどうですか?

不眠症による心への悪影響の代表的なこととして、集中力や判断力が低下して、日中の仕事でミスを犯すかとが増えてしまいます。また、そんなミスが続くとイライラ感も増し、人とのコミュニケーション不良にもなってしまいます。

不眠症対策は、コチラ!

不眠症を治すツボ

不眠症を治すツボ 1.安眠

不眠症を治すツボの中で、その名の通り「安眠(あんみん)」と呼ばれるツボがあります。首の後ろ側にあるツボで、熟睡に効果のあるツボです。ツボの押し方は、人差し指、中指、薬指の3本を使って、全体的に軽くさする程度に触ってみるか、あるいは親指だけを使って5~10回程度揉んでみるのも良いでしょう。

不眠症を治すツボ 2.百会

不眠症を治すツボとして、「百会(ひゃくえ)」というツボがありますが、この百会は「万能ツボ」とも呼ばれ、様々な体の不調を治すのに効果があるツボです。頭痛に効くツボの時にもお話ししたように、頭頂部にあるツボです。ツボの押し方は、左右の中指を重ねてツボに押さえつけて、両方の手で頭を支えるにして少しずつ中指に力を入れていきます。15秒押したら1度離して3〜4回繰り返すのが良いでしょう。

まとめ

不眠症を治すツボの代表的な、安眠と百会というツボをご紹介しました。ちょっと空いた時間にも自分で簡単にできるツボ押しになりますので、眠れないな~と思ったら1度試してみてください。ツボを自分で押すと気持ちよい感じがします。そして、深い眠りへの誘いといった感覚にもなりますよ。

不眠症対策は、コチラ!