【肩こり原因がひどい頭痛】五十肩を治す方法!肩こりは別物です。痛みが違う!

五十肩、五十肩と言っていますが、そもそも五十肩とはどのようなものなのでしょうか?肩が上がらずに日常生活に支障をきたしています。そこで、五十肩を治す方法について調べてみました。

五十肩とは?

四十肩とも。 正式には肩関節周囲炎という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。 従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。

私は1年前位に右肩が五十肩になったようで、その時なネットで調べると時間がたてば治ると書いてあったのでそのまま過ごしていましたが、約6か月間位が過ぎた頃に痛みがなくなり、治ったと思っていました。しかし、今、左肩が五十肩になって再度、TVで放映されたものをみたりして簡単な自己診断をやってみると、実は、右側の五十肩も完治していないことに、唖然としました。

五十肩の原因

五十肩は関節の周囲に炎症が起こる病気
腱板は加齢とともにもろくなり、炎症を引き起こしやすくなる

五十肩について

五十肩と肩こりは別物。さらに首の痛みと間違いやすい。
五十肩の症状は「肩から腕にかけての痛み」と「腕の動きが制限されること」
五十肩は40歳代から始まり60歳代まで見られる。20代、30代でも珍しくない。
五十肩は自然に治る。しかし放っておくと運動障害が残るので適切な治療が必要。
五十肩が治るまでは早い人で3ヶ月。長い人は1年以上かかる。

スポンサーリンク