歯ぎしり ボトックス注射を推奨- 保険適用-マスピースはいらない!いびきにも効果大?

ボトックス注射とは?

歯ぎしりは、なぜ起こるのか?

それは、噛む力が強すぎる事らしい。 咬筋という筋肉が影響している。

その筋肉の力を緩和するために、 ボトックス注射を実施する。正式には、ボツリヌストキシン治療といわれるもので、 タンパク質の一種が神経に作用して筋肉の働きを柔らかく緩めた状態にする作用を持っています。

簡単に言うと、このボトックス注射によって咬筋を働かないようにする事で、強すぎる筋肉を緩め食いしばり・歯ぎしり・顎関節症を改善するという効果が得られるということです。

ボトックス注射のメリット

1 顎関節に負担をかけない

2  顎の梅干しシワや口周りのシワを解消する効果

3  大きくせり出し目立つエラの解消

4  肩こり・頭痛の改善、小顔効果、詰め物・かぶせ物の脱落防止

顎関節に負担をかけない

以前はマウスピースを作って使用することがありました。マウスピースは日常生活では不便なものでした。このボトックス注射を行うことで、咬筋の働きを弱めることができ、顎関節に 負担をかけずに、そして日常生活にもほぼ影響なく簡単で楽に治療できます。

顎の梅干しシワや口周りのシワを解消する効果

ボトックス注射を行うことで、筋肉がほぐれ弱めて柔らかくすることができ、口元のほうれい線(シワ)を目立たなくさせ、顎したの梅干しシワや口周りのシワなども解消されることが期待できます。

大きくせり出し目立つエラの解消

咬筋が強く緊張することで大きくせり出して目立っているエラを、ボトックスr注射を行うことで、咬筋の緊張を緩和してくれます。

肩こり・頭痛の改善、小顔効果、詰め物・かぶせ物の脱落防止

ボトックス注射を行うことで、咬筋の緊張緩和ができるようになれば肩こり・頭痛の改善、小顔効果、詰め物・かぶせ物の脱落防止などにも効果があります。

終わりに

歯ぎしり ボトックス注射を推奨- 保険適用という記事をお知らせしました。今回は「歯ぎしり」というキーワードで見つかった「ボトックス注射」というものが新しいものでしたので、調べてみました。

また、この「ボトックス注射」は歯科治療になるようです。保険も適用されるようになり、以前ならいびき解消にマウスピースを作って寝ている間中、装着していなければならないなどの苦労をしていました。

このボトックス注射をすることで歯医者さんに行って定期的に注射を打つことで、歯ぎしりの原因となるものを解消することができます。